マスク
メン・イン・ブラック
パイレーツ・オブ・カリビアン
バイオハザード


などなど、パッと浮かんだのはこれくらい?

良くても『2』まで、もしくは『2』がいちばん

ってのもあるけど、3以降がいちばん良い

なんて作品の方が稀な気がするよね。

どうも、トトです。



前回書いた『FREE GUY』ど同日13(金)公開の作品

『FREE GUY』の翌日、

すなわち本日観に行ってきました。

2日連続で映画を観に行ったので、

1日に2つ一気にUPしちまおう、とw

そんな今作も、冒頭の挙げたまさかの続編です。

前作できれいに終わってたし、

そういうので続編を作るから蛇足になったり

いらんことすんなって感じになったりするんだよ(。-∀-)

今作は果たして…

そんな今年22本目の作品はこちら。




20210720_175149
DON'T BREATHE 2

人気のない郊外の古びた屋敷に住む、ある盲目の老人。彼はその屋敷で一人の少女を大切に育て、二人だけで静かに暮らしていた--
その男こそ、8年前、強盗に押し入られた被害者として生きているが、実は強盗団を惨殺した過去をもつ、あの盲目の老人だった・・・。

ある日、謎の武装集団が老人の屋敷に静かに忍び込む。その目的は少女--。
暗闇の中、全てを知り尽くした屋敷内で全員の抹殺を試みるも、訓練されていた集団は老人を襲い、火を放つ。
命からがら炎の中から逃げ出したが、そこに少女の姿はない。目覚める狂気の怒り。老人は己の手で大切に育てた少女を取り戻すため、
武装集団の後を追う・・・。

その集団はなぜ少女を狙うのか、少女はいったい何者なのか、老人はなぜ少女に固執するのか。
全ての真実を知ったとき、前作を超える衝撃に息が止まる--。







奇しくも昨年の今頃、前作を見ていて

そしたら1年経たずに続編の発表。

なんていうタイミングの良さで

続編を観ることができました。

DON'T BREATHE 2

冒頭で言った前作からの続編になりますが、

結果としては、前作と比べ

可もなく不可もなく

評価を落とすようなことはなかったです。

ただ、個人的な好みとしては『1』に軍配が上がる。

そんな続編ではありました。



ただ、前作も今作も

『ホラー』として打ち出してんのがわからん…

『スリラー』はまだわかるし、

というか、スリラーでいいじゃんって思う。

付け足すなら"サイコ"スリラーがいいな。

ホラー……は、うーん……全然しっくりこない。

ホラーもスリラーも似たジャンルだとは思うけどさ。


まぁ、そんなジャンルの話はさておき


初っぱなから、道端で倒れた女の子を

拉致るじーさん

予告編を見てる段階では

前作からの罪滅ぼしのつもりか?なんて思ってたけど

行き倒れた幼女を拐うとか

懲りねぇなw

と、冒頭からツッコんでしまいましたw

そこからすぐに8年後に飛び、

じーさんを父親だと思い込ませたまま

すくすくと成長していた様子。

20210814_155338



そして、早くも登場する今作の刺客。

じーさん不在の家に侵入してくるけど

フェニックス(女の子)の隠れかた、身のこなしが

じーさんの教育の賜物感あって

なかなかやるやん!(* ゚∀゚)

なんて思って見てました。

ピンチになるとじーさん登場。

20210814_155309


やっぱり視界を奪うというやり方だと

じーさんが1枚上手になるけど、

さすがに前作のようなチンピラキッズではないので

撃たれる、切られる、殴られる、と

じーさんもかなりボコボコにやられますw

じーさんへのダメージは前作より上でしたね。

盲目がゆえに、オレTueeee感はないのが良い。

でも、やっぱ目の見えないじーさんの方が

やり方、殺し方が容赦なくて良いよねw

ゲル状接着剤(グリース?)で鼻と口塞ぐとか

ガスが充満した部屋で火花使って爆発させるとか

倒れた相手への追撃で、ハンマーで頭粉々にするとかw

うーん、気持ち良いw


序盤は接着剤、ガスボンベ、三ツ又の鍬など

これで攻撃するんですよー

と、前フリ的に見せてくれるのも良かったですね。


でも、結果じーさんは

刺客のリーダー格、フェニックスの実父である

レイランに事実をバラされ、

挙げ句、家を燃やされて敗退。


しかし、そこで終わらないのがこのスーパージジィw

序盤に出てきたヘルナンデスが

レイランらに殺されたあと放置されてた車、

家からどのくらい離れてるかわからないけど

ヘルナンデスの車内にかかってた鍵?チェーン?の音を辿り

そこまでたどり着くとかいうトンデモ聴覚を披露w

aed19375

完全に心眼の域よねw

視界に入る人間なら、筋肉の動く音も聞こえてそうw


実父の元に戻ったフェニックスは

本当の名前が『タラ』と知る。

レイランはちゃんと個人情報も知ってたけど

前作を見てて、出てくる情報を鵜呑みにするなんて

愚の骨頂よ。

ホントに親か…?と疑問に思ってはいたけど、

ちゃんと血縁関係があり親子なのは確定みたい。

でも、車イスの母ちゃんが

火事のときに体内も焼かれてしまったの…

ってとこで察したよね。

直系家族の心臓がなきゃダメなの

ほら言わんこっちゃない(。-∀-)w

この毒親感は、今年見た



『Run.』と少し似たものを感じますね。

とはいえ、登場人物ほぼ全員クズだw

と思ってたけど、レイラン一派のヒゲのおっさんが

…こんなの間違ってる

正常な人イタ━━(゚∀゚)━━!!

思えば、じーさんちを燃やす時も

じーさんの匂いを嗅がせてけしかけた犬が戻らず

まだ中に犬がいるんだ

と、聖人めいたこと言ってましたね。


その犬もじーさんのおかげでちゃっかり生き残った為

Go Home

して、アジトまでたどり着いちゃうじーさんさすが。

もちろんここでも心眼を発揮w

というか、聴覚も異常だと思うんだけど

そこから割り出す相手の位置を掴むのが変態過ぎるw

20210814_155134

いくら相手の口の中に鈴を突っ込むとかしてても、

的確に頭狙ってもの投げるとかあり得ねぇw

どの映画でもそうだけど、アメリカ映画に於ける

元軍人とか退役軍人とか、超人がすぎるよねw

20210814_155453

これはシャドー(犬)の分

と、飼っていた犬が殺された分の敵討ちも成し遂げる。

もちろんそうは言ってるんだけど、

字面的に、ドラゴンボールとかスラムダンクが浮かんでしまい

ちょっとフフッw となってしまいましたw


そして、やっぱり聖人だったヒゲの助けも借り

フェニックスの元へたどり着き、

レイランとのラストバトル。

殺虫剤の煙幕を使い、

早々に自分のホームへと引きずり込むじーさん

私が見ている世界を見るがいい…

と、両親指をレイランの両目にイン!

うひゃぁ!(* ゚∀゚)w


レイランが誤射して奥さんに被弾&死亡。

体が傾いた拍子に車椅子の電動スイッチがONになり

10m?もっと?くらい下に落ちそうに!

手錠で繋がれたフェニックスも道連れになりかけるも

鉈でかーちゃんの腕を切り落とそうとする

たくましいな…(* ゚∀゚)

結局、骨までは切断できずに一緒に落ちるんだけどねw

かーちゃんがクッションになり一命を取り留めました。


じーさんはここでフェニックスに

レイランの言ってたことが事実だと認め、

自分は怪物以外の何ものでもないと自白。

死んでなかったレイランに腹を貫かれるも、

更に後ろからレイランの腹を貫くフェニックス

もはや、心は完全にじーさんの娘ねフェニックス。

じーさんの死を看取り、

夢にまで見た養護施設へ辿り着きます。

名前は?

と聞かれた彼女の答えは

フェニックスよ

でした。

まぁ、終わりかたを見るとそっち取るよね。


エンドロール後に

犬が戻ってきて、じーさんの傍らに座り込む

なんてシーンで幕を閉じましたが

もう続編は作らんでええぞw

変に匂わすなそういうのをw



と、更なる続編に不安を抱きながら終えた

DON'T BREATHE 2

でした。

じーさんはフェニックスを拉致ってきたとはいえ

変態描写はむしろそれくらいで、

前作の方が遥かに狂人度、変態度は上でしたね。

そのせいか、幾分マイルドになってる気がする。

狂ってたのはレイラン側、というか

母親がいちばんクズだったように思う。

レイランも共犯であるのは間違いないんだけど。

そもそも麻薬密売組織らしかったので

自業自得でしょ、ってことで済みますしね。

じーさんはじーさんで、最後に自分は

怪物だと認めたことだし、

拉致ってきたとはいえ、娘として育てた子の

腕の中で逝けたんだし、悔いはないでしょう。

救われた…

と、じーさん自身も言ってましたからね。

だから続編はもう作らんでええぞ!w

2だって蛇足感あるのに、

3なんてやらない方が絶対いいわw