エルデンは個人的にスルー案件だけど

ホライゾンと同時期に、師父 SIFUがあるんだよな…





でもってPC版が決定したGOWも

ラグナロクは未定ではあるけど、来年予定じゃん?

来年あたりからPS5本格スタート感あるよな。

ワクワクが止まらんのは良いことだけど、

自分がやりたいゲームのリリース時期がかぶるのは

嬉しい悲鳴を上げざるをえない(。>Д<)

どうも、トトです。



今回取り上げるゲーム、

『ENDER LILIES』よりも

『ツシマDC』よりも

『Kena: Bridge of Spirits』よりも

先に終えた…というか7/30・31と2日で終えたゲームだったんですが

上記3作は新作だったので先に上げたのです。

とはいえ、この記事もいい加減UPしなきゃ…

ってことで今に至る。


PS5を手に入れて

スパイダーマン マイルズ、ラチェクラと

ハードの性能をこれでもかってほどに感じる

インソム製のゲームを2連発で楽しみましたが

どちらも割と手元は忙しいゲームでしたからね。

ここらでちょっと箸休めしたいなと思い、

PS Storeをつらつら眺めながら、

これだ!ってものを始めました。




Beyond Blue_20210730120513
BEYOND BLUE
(2020)

近未来を舞台とし、科学者にして深海探検家であるミライの目を通して海の謎を調査する。新たに結成された研究チームの一員となり、革新的な技術を駆使して、これまでにない有意義な方法で海に目を向け、耳をすませ、触れ合っていく。

アラスカ先住民の文化を描いたBAFTA受賞作「Never Alone(Kisima Ingitchuna)」と同じ包括的な開発プロセスを採用したE-Line Mediaは、Blue Planet IIを開発したBBC Studios、OceanX Media、世界屈指のゲームクリエイターや海洋学の専門家と提携し、この惑星の青い心臓を彩る荘厳な美しさと限りない神秘を再現している。




リアル海洋学者と共にE-Line Mediaが作り上げた

ダイビングアドベンチャーゲーム

BEYOND BLUE

をプレイしました。

エンディングを見るまではおよそ6時間ほど。

1日でサクッと最後まで辿り着くお手軽ゲームでした。



本作は海洋学者監修のもとに作られているからか

今の海(地球)が抱える問題ともリンクしており、

考えさせられるような内容にもなっています。

Beyond Blue_20210731193033

メニュー画面からは

リアル海洋学者の動画も見れるようになっていて、

どれも2分前後なので

ひとつひとつ、サクッと見れます。

内容はどれも考えさせられるようなものばかりでした。



とはいえ、基本的には

海洋探索ゲーム

いや、探索という要素すら薄い。

Beyond Blue_20210731153448

単純に海洋生物と遊泳するゲーム

こういうのやりたかった!(* ゚∀゚)

『サブノーティカ』はサバイバルがメインで

海洋生物もオリジナルしかいなかった。何なら恐い←

『ABZU』は今回のと近いけど

グラは少しリアルとは違ったものだった。

しかし、本作は

実在する海洋生物で、良い感じのリアル調グラ

それにより、自分の求めていたものができました\(^o^)/


中でも、本作は

クジラ(特にマッコウクジラ)

を、主軸にしていて、そこがまた良かったです。

Beyond Blue_20210731133751


一応、ストーリーもオマケ程度にはあり

進行させるには、ブイに近付き、

信号をキャッチし、そこをチェックしに行く。

という単純なことの繰り返し。

ゲーム性としては、あってないようなものでした。

でも、だからこそ

ゆっっったり楽しむことができます。


Beyond Blue_20210731134710

大型生物はもちろん、小型の生物もいて

それぞれスキャンすることで

メニュー画面の「科学ログ」で、その生物の特徴を知ることができます。

Beyond Blue_20210731140143
Beyond Blue_20210731140151

海洋ごとに数が設定されていて、

その上限に近付けば近づくほど、

開示される情報が増えていきます。

こういったところも、教育的な価値があると言えます。

まぁ、海を気楽に回遊しながら

今の海が抱える問題や、生物のことを学んでいく

ってのが、このゲームの本質なのかと思います。



このゲームをやろうと思った理由のひとつとして

フォトモードがある

ってのも、自分の心を動かしました。

好きな海洋生物と一緒に泳ぎながら

その写真も撮れるなんて

最高じゃないか!\(* ゚∀゚)/
なんて自分の理想の詰まったゲームなんだ!

と、思いながら写真も撮ってました。

不満点は、生物の種類がそこまで多くなかったことかな。

Beyond Blue_20210731134035
Beyond Blue_20210731135210
Beyond Blue_20210731142035
Beyond Blue_20210731142321
Beyond Blue_20210731142517
Beyond Blue_20210731145452
Beyond Blue_20210731145928
Beyond Blue_20210731152000
Beyond Blue_20210731150303
Beyond Blue_20210731150351
Beyond Blue_20210731150703
Beyond Blue_20210731151245
Beyond Blue_20210731150544
Beyond Blue_20210731154012
Beyond Blue_20210731152621
Beyond Blue_20210731154918
Beyond Blue_20210731155137
Beyond Blue_20210731155413
Beyond Blue_20210731160024
Beyond Blue_20210731162326
Beyond Blue_20210731181133
Beyond Blue_20210731181441
Beyond Blue_20210731184110
Beyond Blue_20210731184421
Beyond Blue_20210731185721
Beyond Blue_20210731185952
Beyond Blue_20210731190242
Beyond Blue_20210731191831
Beyond Blue_20210731232104


クリア時点でのトロフィー取得率は54%でしたが

残りは各海洋ごとの生物を全スキャンすれば

トロコンできる内容だったので、

クリア後に解放されるフリーモードで

ゆったりやろうかなーと思って

エンディング後に写真撮りながら、まったり楽しんでたんです。

でも、これ意外と全スキャンって大変で。

マップを開けばスキャンしてない生物は印が付いてて

そいつのとこまで行ってスキャンすればOKなんだけど

彼らも生きているのでね、動くんですよ。

マップ上で印があっても、それをマーキングしたりはできないので

デカい生物ならまだしも、小さいのだと見つけるのが大変。

マップ開いて、そこまで行って、いないからまたマップ開いて…

ってのを繰り返してたら

途中でフリーズしたので、強制終了させたら

セーブデータ吹っ飛んだw


いくら短いったって

既に終わったデータがあるものを最初からやるならまだしも

0になったものをまた最初からってなると

モチベーションが変わってくるじゃない…

ってことで、やめたw

その気になったらフォトモード記事も書こうと思ったけど

こんなことになったので100枚も撮れずに終了し、

この感想記事だけで載せきれると思ったのでw


エンディングまでは辿り着けたけど、

道中、挙動が危ういとこもあったんだよネ…

さっき載せたこの写真(。-∀-)

Beyond Blue_20210731152536

やっぱここって

このゲームいちばんのフォトスポットだと思うので

色んな写真撮りたくなるじゃない。

でも、ここでフォトモードで加工してるときに

どんどん重くなってったんだよな。

最終的にフリーズするんだけどもw

そういえば、ラチェクラではなかったけど

マイルズでフォトモード使ってる時も

っし、いっちょやったりますか

的に、PS5がフィーーン!って

音出してブン回った時あったんだよな。

フォトモードって意外とマシンパワー使うのかな。

今作では、この場所でのフォトモードで

2回も同じ目に遭って

クリア後にもっかい来ようと思ってたのに

結果こうなるっていうねw



昨年リリースのゲームとは言え、インディーゲーだし

そもそもはPS4のゲームなので

PS5で動かすことはできても、最適化はなってなかったか。

それか、ウチの外付けSSDが原因か。

でも、他のPS4ゲームも外付けで運用してるけど

フリーズはおろか、セーブデータ飛ぶとか起きてないしなぁ。

何なら、前回書いた『ENDER LILIES』なんて

こういう不具合は1度も起きなかったし。

少なくとも今作に於いては

フツーにPS4でやった方が楽しめた可能性w



と、限りなく理想に近いゲームではあったけど

少しの不満点と、予期せぬ不具合により

大満足とはいかずとも、楽しいゲームでした。

BEYOND BLUE

水族館や海洋生物が好きな人、

まったりゲームしたい人にはオススメです。





関連記事