ウチの収納棚に

DSC_0054

スパイダーマンコーナーを作ったけど

新作を機に

DSC_0055

エヴァコーナーも作ったったヾ(* ゚∀゚)ノ

FUNKOが前向きゃいいんだけど、

側面でないと棚に入らないんだよな( ノД`)

これで『シン・エヴァ』が来ればパーペキです。

まだ上映中だけど、BDも早よ欲しいぜ。

どうも、トトです。



前回、『ハクソー・リッジ』の記事を書いた冒頭、

花粉が落ち着いてきたので映画いけるー\(^o^)/

ってことで、新作映画としては先月の『ビバリウム』以来

今年8本目となる新作を観てきました。




20210409_195538
ザ・スイッチ
(現代:FREAKY)

私の身体返して
ミリーは、片思い中の同級生にも認識されない地味な高校生。
親友たちと普通の学校生活を送っていたが、ある13日の金曜日、連続殺人鬼"ブッチャー"に襲われ謎の短剣で刺されてしまう。
間一髪、命は取り留めたミリーだが、次の朝目覚めるとミリーとブッチャーの身体が入れ替わっていた。
女子高生姿のブッチャーが虐殺計画を進めるなか、中年男姿のミリーは24時間以内に身体を取り戻さないと一生元の姿に戻れないことを知り…。






本来は1月の『ZOOM/見えない参加者』と同日公開だったのに

コロナのせいで延期になり、

4月9日(金)、ようやく公開となりました\(^o^)/

ザ・スイッチ


ポスターを見ると、ホラーとありますが…

言うほどホラー感があるかっていったらないし

個人的にはスプラッタコメディの方がしっくり来るw



20210409_195504

最近はちょくちょく書いてる

邦題と原題の違い

今回は珍しく邦題に軍配かな。

FREAK(Y)って、英語のスラングでもよく見かけるし

もちろん色んな意味、使い方はあるんだろうけど

よくあるもの、よく聞くものとしては

『変な人』『気持ち悪いやつ』とかこのへん。

実際そういうタイトルの付いた作品も見てるし

劇中で蔑称的に使われてるのも何度も見てます。

まぁ、今作の場合はスラングというより、まともな意味の

『異常な』とか『風変わりな』とかの意味合いとして

FREAKY = 奇妙な出来事

的な意味での原題だと思います。

だとしても、今回は『ザ・スイッチ』のがわかりやすいし

"名は体を表す"な感じがします。



で、冒頭から殺人鬼登場!

出来の悪いジェイソンマスクみたいなのは

やっぱジェイソンオマージュなんだろうかね?笑

Freaky_4

で、その殺人鬼であるブッチャーは

サカッた高校生4人サクッと殺して物語は幕を開けます。


こういう殺人鬼が出てくる作品だと

どういう殺し方をするか

ってのも、個人的に注目したいところです。

劇中での殺法はというと?

ワインボトルを口に無理やりねじ込んだ状態で
力任せに割る

便座にガンガン頭を打ち付ける

尖ったオブジェに突き刺す

絶対零度で冷凍

木材用の電動カッターでおマタから真っ二つ

割った酒瓶で突き刺す、喉を切る

チェーンソーでおマタを潰す

などなど、色んなレパートリーが見れて何よりw




そんな殺人鬼の華麗なオープニングのあと

もう1人の主役、女子高生ミリーの寝起きから。

ミリーのベッド横には見慣れた顔のポスター…

PATD_poster

Panic! At The Discoだw

指を使って間接キスさせた相手が誰かと思えばw

ミリーちゃんBrendon好きなんか友達になろうw




そして、白人女子ミリーの友達は

黒人女子ナイラとゲイのジョシュ

Freaky_3

こういうのは昨今とーーーってもうるさい

人種や性差別に対するものなのかなと。

アメリカだったらフツーにある日常だろうし

別に差別意識なんか微塵もないからいいんだけどさ…

世間が、無駄に声のデカい連中がうるさいから

こういうのを入れざるを得ないっていう

昨今の映画やゲームなど、様々なエンタメには

本ッ当ッに!お疲れさまです<(_ _)>

と、労いたくなるってもんです。


ま、それは置いといて

ミリーはこれまた、校内でわっかりやすーい

スクールカースト下位の地味系女子として描かれます。

地味子とは言え、金髪だし、顔立ちは整ってるし、

持って生まれたポテンシャルは全く地味ではないよなw

freaky_1

逆にカースト上位の連中は、出てきた時点で

あー、コイツら死ぬわ(。-∀-)w

と、予想に難しくないのがお約束w


そんな校内でミリーと殺人鬼の

入れ替わっちゃったー(ノ)゚Д゚(ヾ)

が、巻き起こるワケですがw

今回、中身を入れ替える為のツールは

古代アステカの呪いの短剣!

freaky-mask-replica
ラ・ドーラ

柄のドクロの光る目がクソちゃちくておもちゃみてぇw

危うく噴きそうになったわw(*´°∀°)・∴∵ブハッw

20210409_200233



入れ替りの儀式(ドーラで刺すだけw)が済んだ翌朝、

お互いの違和感に気付くところがまた必見!

こういう入れ替わりもののお約束でもあるけど

まずはミリーの身体と入れ替わった殺人鬼ブッチャー

小汚ないオッサンから華の女子高生に!w

地味子がイケイケになるのもあるあるですねw

20210409_200345


それよりもやっぱ

ブッチャー体を手に入れたミリーのが面白いw

デカイおっさんが女走りしたりとか

女走りをはじめ、言動の女子化w



男になったからこその、

弱点であるタマの激痛も味わえたようで何よりw

あれはホンット!男にしかわからん痛みよな(。>д<)w


そんな言動が女子女子してるのに

身体はデカく、パワフルだからこその

圧倒的フィジカルの強さも

ギャップが面白かったw


逆に、ミリー化したブッチャー弱っわぁw

それでも殺人鬼ゆえの"KILL"センスで

殺していくのは見事でした。


でも、ミリー化したがゆえに

ミリーになりきって悲鳴を上げるとか

なかなか楽しんでそうじゃねーかw

身体が入れ替わった直後の朝とか

セルフ乳揉みするとかねw

するよねーw 男は絶対やると思うわw

『君の名は』の瀧くんだってやってるんだからw

やらないヤツは男としてどうかしとるんよw

ec90617f


また、ミリーも

チ○コがあることによる痛みだけじゃなく

"小"時の楽しみを味わってたんだから

おあいこだよ、おあいこw

尿を切るためにペチペチすなよw 楽しみすぎだろw


何にせよ、こういう男女入れ替えものってのは

男が女の、女が男の、普段とは違う部分を

お互いがどう体験していくか

って部分が、あるあるだけど楽しいとこですw


しかし、こういうのって見てるこっち側はもちろん

演じてる役者自身がいちばん楽しそうよなw

今作で言うなら、ミリー役のキャスリン・ニュートンより

ブッチャー役のヴィンス・ヴォーンの方が楽しんでそうw



ニュースでも報道され、顔バレしてるブッチャー体でも

何とかナイラとジョシュにわかってもらう為の

友だちだからこそわかることを合言葉代わりにするのも

良いシーンでした。

Freaky_2



終盤、ブッチャー in ミリーが

大量殺人を企てる為に生徒たちを招いたパーティ会場には

(* ゚∀゚)PVRIS"Death Of Me"流れてんじゃーん!




ウチのブログのメインコンテンツである

音楽ネタの方でも取り上げてるような

自分がフォローしてる現行バンドの曲が

映画に使われてるって嬉しいもんですね(* ゚∀゚)

もちろん、まさかのPATDも笑いましたがw


そしてクライマックス。

呪いを解くためには24時間以内に

再び短剣を刺さないといけない。

ここで時間切れ(乂'ω') ぶっぶーとなるも、

ミリーの意中の人、ブッカーの助言が活きる

時計を5分進めておくと…

ってのも、秒でわかる展開で何より。

無事に短剣を突き刺し、元に戻り、

ブッチャーは警察に撃たれてハイ、オシマイ。


そのあと、救急車で運ばれるブッチャーの

心停止も確認するシーンがありますが…ねぇ…(。-∀-)笑


ラストはミリー親子の仲睦まじいシーンで

終わ……るワケもなく、ミリー家にブッチャー侵入w

心停止したのに何故生きてたのか?って疑問はあるけど

心臓の動きも操れたりするんでしょ(鼻ホジ←

復讐に燃えるブッチャーですが、

お互いがお互いに自分以外の身体を使い、

学んだことを生かすと、ミリーに軍配が上がるのも明らかw

ブッチャー圧倒かと思いきや、

ミリーの金的蹴りからの親子コンボを決め

尖った梁かなんかを後ろから突き刺し、

さらにミリーが蹴りを入れて貫通させる!

ミリー強くなったなぁ(。´Д⊂)


って感じで、洋画あるあるな

変に続編を匂わすような終わり方でもなく、

一作完結型でスッキリ終わって、こちらもスッキリ。

エンディングの映像も

ポップとグロが切り替わりで入り交じり

非常に良かったです。




って感じで、思いのほか楽しめた

ザ・スイッチ

でしたw

予告編を見て、面白そうだと思ったから観たものの

正直、ここまで笑えるとは思ってなかったw


本作の監督、クリストファー・ランドン作としては

『ハッピー・デス・デイ』も観ようと思って、

結局観ずに終わってしまっていますが、

早いとこ見ないと…