緊急事態宣言のせいで

再び映画館が閉鎖されました…

この1年間、映画館はクラスター起きてねーのに(゚皿゚メ)イライラ

オマケに飲食店、何ならコンビニも早く閉めろとか話が出てるって

本気で言ってんの?

緊急事態宣言出すのに、助成金もらえる条件が厳しくなるとかで

GW以降、ウチの会社は時短もなくなるんですけど?

時短だろうが時短じゃなかろうが、

立場的に19:00~20:00まで仕事すること珍しくないし

何ならそれ以降まで仕事することだってあるのに

飲食店は閉まる、コンビニまでやられたら

晩飯食えなくなるんですけど?

金も出さず、メシも食うなってどういうこと?

死ねってことかしらね。

どうも、トトです。


そうして観ようと思っていた新作がまた

軒並み観れなくなった為、

そういえばと思っていた旧作を観た次第。

本日ネタにする旧作は



INKのこの曲の元ネタとなった作品を

よーーーーーやく!見ました。

ちゃんと最初のものから見て、

その後、近年公開されたリブート版も見て

色々と見比べてみました。

いちばん最初の旧作版を見たのは1月だったけど

リブート版を見たのがこの前の日曜日だったので

まとめて記事にするために、タイミングを計っていました。




IT_1990
IT
(1990)

1990年のメイン州デリーで、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。デリーに住んでいたマイクは、事件現場近くでそこにあるはずのない男の子の古い写真を発見し子供時代にIT(それ)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。マイクはかつての仲間との約束を思い出し、27年ぶりに再会することになる。



という、まずは大元である90年代版を鑑賞。

187分は長ぇなー( ノД`)

前半は主役の子ども時代の話がメイン、

後半は大人になってからの話がメイン。

子どもに大いにトラウマを与えるピエロ

ペニーワイズが活躍するホラー映画。

it_pennywise

このお騒がせピエロ、ペニーワイズは

冒頭数分で早くも姿を現しますが

その後も色んなビックリドッキリな仕掛けを

子供たち相手に披露していきます。

しかし、時代ゆえのCGのショボさはいいとして

最終的にこのペニーワイズの正体?…でいいのかどうか

it-spider2
it-spider

クモとカニが混ざったようなクリーチャーだったのは

拍子抜けもいいとこですね(。-д-)-3

長い時間かけて恐怖を植え付けてきた

ペニーワイズ(ピエロ)がコレって…

台無しだよw

カニになる前からも、割と精神攻撃系で

大人には効かない(見えない、気付かない)ってのが

捕食対象である子どものみに恐怖を与える存在。

弱者狩りみたいに見えるのが何とも…w

ハンターハンターのヒソカじゃないんだからw

そーいや、ヒソカもピエロみたいな出で立ちしてるな。

冨樫はITから着想を得て、ヒソカに行き着いたのかな?w


原作小説は86年だし、映画は90年。

この頃の時代を考えるとわからなくはないけど、

この当時から…

いや、もっと前からなのかもしれないけど

アメリカの(パニック)ホラーは

結局クリーチャーになりがちなのがなぁ…(´・ω・`)-3

まだ悪魔オチの方が良い。

そういうのが今に到るまで続いてるのが

ホラーは好きでも、洋画ホラーはあまり見ない理由の1つです。


しかし、今作を見ていて驚いたのが

ハイヨー!シルバー!

という、誰もが知るお馴染みのセリフ。

自分と同世代の人は

子供の頃に一度は言ったセリフだと思いますが

コレって出所不明でしたよね。

このセリフがまさか!この作品で聞けるとはw

調べてみたらちゃんと元ネタはあるみたいですが

ウチら世代のハイヨー!シルバー!は

元ネタからじゃないでしょうしね。

でも、そしたらみんなどこからこのセリフを知ったのか…w


ハイヨー!シルバー!もだけど、

この旧作版を見て、感動したのは

無題34-300x169

ハァーイ、ジョージィー♪

のシーンを見れたことですねw

割とこのシーンとこのセリフが一人歩きしてるように感じるけど

こんなに序盤に出てきて、

ジョージー自体、こんな序盤で死ぬとはw


ITを見て改めて思ったのは

『リトルナイトメア』のシックスは

やっぱりジョージーがモチーフになってるのかな?




こうして旧作を見てから3ヶ月後、

リブート版2作をまとめて鑑賞w


IT_Chapter1
IT/イット
“それ”が見えたら、終わり。
(2017)

静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが……。




ってことで、ダサい邦題が付けられた

リブート版前編。

90年代版は子ども時代、大人時代を含め187分ですが

リブート版は前編となる子ども時代が135分

後述する後編の大人時代が169分と

合計したら90年代版を超える尺になります。

その分、細かい描写が増加してるように思います。

90年代版が好きな人からすれば、いらん要素かもしれないけど

個人的には割とアリです。


やはり基本的に話の展開は同じで

ちょこちょこ変わっている点がありますね。

まずはやっぱりココ

PennywiseTheClown2017

ペニーワイズの見た目変更

口の端から目の上まで引いてある線が

笑うとぐにゃっと曲がるのが不気味で良いですね。

今作でのペニーワイズを演じたのは

BILL-SKARSGARD-PENNYWISE-ACTOR

ビル・スカルスガルド

イケメン!

この整った顔立ちがアレになるんだからすごい。

特典映像を見て知りましたが、

敢えて下唇を出して笑うとことか、

目を斜視にするとか、本人の役作りにも驚嘆。

↑の写真でも元々ちょっと斜視っぽいですが、

目の向きを意図的に変えられるらしいです。

インタビュー映像で実際にそれをやって見せていて

うわ、すげぇ!w と思いましたw

あと、笑い方が「いないいないばあ」のワンワンみてぇw

ワンワンの笑い方がなんかガ●ジみてぇだなとは思ってたけど

今作のペニーワイズで納得しましたw


子どもたちの苦手なもの、恐いものも

2017年になり、どれもキモ怖くて何より。


あと、変わった点は

ベバリーの親父の変態度が増してたとか?w

それはまだしも、エディの薬が無意味なのは

子どものときに明かしちゃうんだ!っていう。

it2017_eddie

しかも、こんなガムくちゃ女からw

後編でもコイツはバッチリ出てきますが、

この薬局のおじさんの娘なんだそうな。


あと、いじめっこのリーダー

バワーズが殺人鬼化とかね。

IT_2017_Henry

ペニーワイズの思い通りじゃないですかやだー


そのいじめっこたちとの 石投げ戦争 で笑ったのが

いじめっこの中に1人、メタラーいるんだよなw

時代が時代とはいえ、老害にならないか将来が心配だw

IT_BowersGang

↑ここではAnthraxのTシャツを着てますが

石投げ戦争の時はMetallicaのTシャツを着てて

でも、劇中に流れるのはAnthraxというwww






ラスト、というかペニーワイズの住処として

最終的に下水道に行くのは変わらないけど

「井戸の家」って存在があり、

この家にある井戸から下水道に行き最終決戦とか。

IT_2017_WellHouse

この家の中でも当然、色んなホラーポイントも。

挙句、下水道の最奥での戦いでは

正体もほんのり見せつつ、

最初は圧倒していたペニーワイズさんも

最終的に子ども7人にボッコボコに袋叩きにされ

ちょっと可哀想でしたw






IT_Chapter2
IT/イット THE END
“それ”が見えたら、終わり。
(原題:IT Chapter Two)
(2019)

小さな田舎町で再び連続児童失踪事件が起こり、「COME HOME COME HOME(帰っておいで……)」という、「それ」からの不穏なメッセージが届く。幼少時代に「それ」の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前に誓った約束を果たすため、町に戻ることを決意するが……。




そしてリブート版完結作となる後編。

後編でも頭っからペニーワイズはやんちゃします。

IT_Chaper2_top


冒頭の中華料理屋からキモさ倍増でとてもよろしい。

しかし、ペニーワイズの起源を明かすのはいいけど

肝心のペニーワイズを倒す方法が

シャカピワ一族の『チュードの儀式』

とかいう、こんな胡散臭い方法でしたっけ?w

全員いないと倒せない

って、マイクは言うけど、冒頭でスタンもうやられてるやんw

結局は、いなくても思い出の品があればええんかいw


で、こっちでの違いは

割と子ども時代の掘り下げが多かったですね。

前編で語られなかった部分を出していて

そもそも大人時代編って

90年代版の方からそこまで面白くなかったので

リブート版では子ども時代が増えて何より。

ここで、ベバリーの父親の変態度増加や

エディの母ちゃんがゾンビとベロチューとかwww

うえぇ…と思いながらも笑ってしまったw

そういった子ども時代の掘り下げもだけど

展開や描写は、この後編の方が割と変更あった気がします。


ビルが持ってた自転車のシルバー号は

90年代版ではマイクが持ってたけど、

こっちでは質屋?古商店?あり、

ここの店主が原作者のスティーブン・キングという

まさかのカメオ出演

IT_Chapter2_StephenKing


27年経ち、新たな犠牲を出しつつ、

ルーザーズクラブの面々にもトラウマを刺激しつつ

やはり最後は「井戸の家」へ。

ここで再びどんちゃん騒ぎするのも予想に難しくなし。

スタン頭のカニやら、

IT_Chaper2_Stan

前編にもあった、

怖くない
怖い
超怖い

の、3択扉とかねw

IT_Chapter2_scarydoors

何だかんだで儀式は失敗に終わり、

やんややんやしながらペニーワイズ撃退法を探る。

IT_Chaper2_Trueform

リブート版の正体は、ただのクリーチャーではなく

半身ピエロ半身カニと、

ピエロフォームが残っていて良かったです。

そうして正体を現し、デカくなったペニーワイズを小さくするため

(怖くない存在、小さいものとして)
信じさせるのよ!

と、ベバリーが精神攻撃を提案w

後編終盤、ちょっとコメディ色が強くないですかね?w

その提案に乗っかり、大の大人が言葉の暴力w

子ども時代は物理で袋叩きにして、

大人になったら口撃でボコボコにするとか、

大人最低だなw

またこれが効果抜群でペニーワイズは萎れてしまい

捨てセリフが

IT_Chaper2_small

お前たち…すっかり大人になったな…

やっぱりリブート版のペニーワイズちょっと可哀想だわw


エンディングは冒頭で逝ってしまった

スタンからの手紙で締めました。





って感じで、旧版リブート版含め全3作

IT

の感想でした。

やっぱこう、2000年代に入ってから

色々と映画を観始めた自分としては

リブート版の方が良いかなーって感じ。

旧版って時代柄、色んなところが古臭く感じるし

演出もそうだし、何よりCG技術なんて雲泥の差です。

これがまたホラー映画なので

色んな部分がチープに見えて、怖いというより

笑っちゃうんだよなw

リブート版も笑えるところはあるけど、

旧作特有のチープさによる笑いとは別ですしね。

そういうところに良さを見出し、

限られた中でも工夫して表現する旧版の方が好き

って人がいるのもわかるけど、

それこそ、そこは人の好みの違いなのでね。


これでようやく

Ice Nine Kills『The Silver Screamに収録された

ホラー映画の1つも見ることができました。



他のも見たいとは思うけど、

ITでこう思っちゃうとなー…

昔の作品を見るのはちと辛いな。笑

モチーフになってる全曲全作、リブート・リメイクしねーかなw


それ以前に、クラスターの原因になってない映画館

全開放しろやクソが