日本のFUNKOは割と無能だと思うどころか

ネットの公式サイト消えてね…?

だからこそ、そのキャラが出る作品の

公式で販売してくれれば問題なし!

ってことで

DSC_0667

EVA STOREから販売された

初号機のFUNKO POP届いたー\(^o^)/

いざ、開封!

DSC_0668

おぉ…(* ゚∀゚)

暴走したか?っていう返り血アリverは

北米限定版らしいです。

EVA STOREマジでgj!Σd(≧∀≦*)

新劇場版ではなく、テレビ版カラーですが、

全ッ然!イィ!

以前、ゲームキャラのFUNKOがあるのも挙げましたが

そういうのもゲームメーカー公式から出してくれんかな…

そうすりゃ日本でも買えるのに(´・ω・`)

どうも、トトです。



ラストブラックマンを観た日、

実は同じ日にもう1本映画を観たんですw

映画館で1日2本観るとか何年ぶりだ?

そこまでしたのにはちゃんと理由があるんですが。

その当日2本目に観たのはこちら。




20201011_173853
BURN THE WITCH

世界には表(フロント)があれば裏(リバース)がある。

遥か昔からロンドンに於ける全死因の72%は、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる"異形の存在"が関わっていた。

だが、人知れずそのドラゴンと相対する人々がいた。

ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの"裏側"に広がるリバース・ロンドンの住人だけ。
その中でも、選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)となり、ドラゴンと直接接触する資格を持つ。

主人公は、自然ドラゴン保護管理機関「ウイング・バインド」(通称WB)の保護官である新橋のえるとニニー・スパンコールの魔女コンビ。
彼女たちの使命は、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理することだった。





『BLEACH』の久保帯人が描く短期連載作品

BURN THE WITCH

ジャンプ本誌では第一部完

と同時に、読み切り時の話も入れた第一部の単行本、

更には、その第一部の映画化!

という、集英社が師匠を使って

全力で金稼ごうとしてる様がむしろ清々しい話題作w


本誌でも読み切りからリアルタイムで読んでたし、

単行本も買ったしってことで、

観に行こうかどうしようか迷ってたけど

そもそもが2週間限定公開で、

オマケに先行でBD特装版が劇場で買えるってんで

むしろ、それ欲しさに観に行きました。

この記事がUPされる頃には

もう公開終わっちゃいますけどねw


ブラックマンを観たあと、

近くの劇場でコレだけ買おうと思ったら

映画の半券を…

と、言われ

観なきゃ買えないヤツ!Σ(゚Д゚ ;)ガーン

ってことが判明し、1日2本という結果に。

後々考えてみりゃ、至極当然なんですけどね。



係長なんてなりたくないものにならされたおかげで

平日の時間が全く取れなくなったので

休日に観に行ったんですが、ほぼ満席!

オマケに映画館もクソコロナ対策による

1席空けるヤツを解除したばかりなのもあって

クソコロナは全くの無関係で、これこそ何年ぶりに

こんな満席に近い混んだ回で映画観たんだっていう…

日本のアニメ半端ねー…(;  -ω-)

洋画も普段からこれくらい入りゃなぁ…




内容は原作まんまですね。

コミックス1巻分丸々とはいかないけど

読み切り版と一部を削った感じ。

後々はテレビ放送もするんだろうし、

1~3話分を映画用に一本化しましたって感じかな。

原作を読みつつ、スピード感のある移動シーンや

戦闘シーン、魔法ぶっぱのシーンなんかは

映像化すると映えそうだなーと思ってたので

そこはバッチリ!ハマってた印象です。

本作の制作は、『ペンギンハイウェイ』から知った

スタジオコロリド

そこはむしろ、ペンギン~を観てたからこそ

特に不安視してはいませんでしたが。



昨今ではフルCGだったり、CGを上手く混ぜたり

って感じアニメ作品が作られていますが、

やっぱ日本が誇るべきは『手描き』よな。

手描きの方多めで、建物等々の無機物はCGに

くらいならまだしも、

日本のフルCGアニメってなんか…

まだまだ面白いの少ない気がするし、

手描きには全然及ばないって思うもんなぁ。

そういうのが海外でも人気が出た理由の1つでもあるだろうし

それがアニメ業界のブラック体質改善、

スタッフに上手く還元されればいいのにね。


てか、ダセぇメッシュのバングナイフさんが口元に巻く

破面みたいな布?バンダナ?って、

喋ると動くってどういうことだ?w

とは思いましたがw

あれはデザインじゃないのかw

まー、魔法ができちゃう世の中なので

口との連動も魔法だと思えば何でもありなんだろうけどw



コミックスでは色なしなので、

アニメ化によって色が付くのも利点の1つ。

キャラに関しては本誌でもカラーが見れたけど

リッケンバッカーシンデレラなどの大型ドラゴンは

アニメ化によって

おぉー(* ゚∀゚)って思いましたね。


あと、アニメ化によって付くのは

動き、色に続いて『声』

ニニーはめっちゃキンキン声だったなぁ(。>皿<)

フツーのテンションで喋る分には気にならないし

何なら後半には何となく慣れたは慣れたけど…

久保帯人作品にはお馴染みとも言える

キレキャラ補正が入ってる部分もあるのでw

そういうシーンのキンキン声は最初ツラかったな…(。-∀-)

キャラとしては、ローテンションな

のえるとの対比でもあるんだろうけどもね。

個人的には原作時点でのえる派でしたが←

2週目の入場特典がのえるだったので

これは素直にガッツポーズ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

DSC_0669

インスタを模してるのが面白い。

コメントまで見ると、なお笑えますw



チーフは平田広明かぁ…

今ではワンピースのサンジで有名な声優さんですが

もうちょっとジジイ声の人が良かったなー(。-∀-)

ちょぉーーーっとイメージとは違ったなー(。-∀-)


あとはトップ・オブ・ホーンズのまとめ役

ウルフギャング・スラッシュハウト

20201011_173751


名前のカッコ良さは師匠のセンス爆発してますがw

顔からして絶対ぇ!銀河万丈だと思ってたのに

まさかのエヴァのキール議長(麦人)!w

うーーん…

うぅーーーーーん(。-∀-)w

悪くないけど…悪くないけどぉぉおおおwwwww

何なら今作イチ!顔と声のイメージがリンクしてたので

コレジャナイとは言わないけど

個人的ちょっと違う感はあったなぁw



ってのはありつつも、

ラストブラックマンよりも大いに楽しめた

BURN THE WITCHでした。

DSC_0671
DSC_0673

帰ってからBD-BOXを開封しましたが

これも満足(*´ω`*)

短期連載なので何部まで続くかはわからないけど

この先も追っていきたいですね。

第二部はよ!