Peripheryの新譜が来るぞォヾ(* ゚∀゚)ノ

タイトルがまた良いね。

本日公開された新曲も(* ゚∀゚)イィゾー

サウンドも、6分超えという長さも、非常に"らしい"

後半の怒涛のような転調がまた良い。

ピアノにサックスなジャズパート最高ヾ(* ゚∀゚)ノ

また1つ、今年楽しみな新譜が増えました。

どうも、トトです。



記事にできる新譜が出ていないので、

今回は昨年の見逃し盤を1枚。

とは言っても、別に見逃してたワケではなく

ワタシが知らなかっただけですが。笑

ってことで、読者様に教えてもらったものを

今回は取り上げようと思います。





20230107_152354
Lost In Sight『From The Dark』
1. Save Me
2. Where You Will Be
3. Be Your Hero
4. From the Dark
5. Finding a Way
6. Set Me Free
7. I Will Fight
8. Why Should I Believe
9. Remember Me





USのOriel Leviによる

ソロメタルコアプロジェクトLost In Sight

デビューアルバムとなるFrom The Dark

昨年11/4にリリースされました。


年末の「ベストアルバム」アンケートにも投稿していただいた

こーへーさんからのオススメです。

感性がかぶってる部分があるのか、

こーへーさんからのオススメは大概気に入るw

ってことで、今回も全幅の信頼を置き、

今作を聴いてみました。




Save Me
宇宙空間にいるような静かなSEから幕を開け、
バンドサウンドと共に厳ついスクリームから始まる1曲目。
テンポを落とすも、ヘヴィで激しい展開を見せ、
サビはクリーンをメインにエレクトロサウンドを打ち出す。
10年代前後のエレクトロコアを聴いてるようだ。
変わってBメロはクリーン&疾走パートから始まり、
スクリーム&ブレイクダウンで落とす定番の流れ。
サビ後はしっかりフラグを立てつつ、
壮大なストリングスと共にガッツリ落とす!
オープニングにはピッタリのテンションの高さで○





Where You Will Be
クリーンからのスクリーム一閃、
からのイントロの雰囲気はかなり自分好みな2曲目。
そこから再び高低入り交じるスクリームへ流れる
冒頭の流れというか、展開というか、
If I Were Youっぽい雰囲気があるのも後押ししてるか。
サビはスクリームをバックにクリーンがメインに。
Bメロは早々にブレイクダウンをぶちこむ展開も良い。
サビ後にクリーンパートを挟み、そこから落とす
後半のブレイクダウンのリフが超好きです。
こういうのツボなんだよなー(* ゚∀゚)
そういうとこも含め、If I Were You的な展開もあり、
今作ではいちばん好きな曲かもしれない。


Be Your Hero
ギターが先行して始まり、
すぐに劇場的なストリングスが鳴り響くイントロの3曲目。
激しいサウンドに反してクリーンから始まります。
というか、スクリームはバッキング的展開で
全体的にもクリーンがメインを張ってると思います。
サビはイントロ同様のストリングスが響くのも○
こういうのもちょっとIf I Were Youっぽいよね。
激しいサウンドとストリングスによって印象薄いけど
よくよく聴いてみると歌もの的な1曲だったか。


From the Dark
4曲目は今作のタイトルトラック。
歌もの的な雰囲気はこちらでも少し継続。
しかし、叫ぶようなクリーンが印象的。
そこはPeripherySpencerを彷彿とさせます。
タイトルトラックに歌もの的なのはちと残念ですが、
ヘヴィパートやスクリームもちゃんとあり、
クリーンオンリーの完全歌ものにならないのは好感。


Finding a Way
しっとりギターで始まる5曲目は、
すぐさまヘヴィなリフが響くイントロに切り替わる。
そして落ち着いたサウンドとクリーンからのスタート、
サビはアップテンポにバンドサウンドも激しく、
クリーンボーカルは崩さず歌いきります。
Bメロ頭はスクリームと共に一気に攻勢に転じる。
Aメロはポスコア、Bメロはメタルコアな雰囲気ですね。
両サビにはバックにおーおーコーラスも取り入れています。
しかし、後半の2'32" - 2'34"あたりの2秒間に
一瞬、ヘビ使いの笛の音みたいのが聞こえたぞw
なんだこれw


Set Me Free
ゆっくりフェードインして始まる6曲目は
初っぱなから全力スクリームにヘヴィサウンド!
そして短いながらも、ここへ来てようやく
再び疾走…と呼ぶには少し速度が足りないけど
疾走感と呼べるほどの展開があったのは(* ゚∀゚)イィネ!
メタルコア名乗るなら走ってくんねぇとな!
そういうとこから落とすブレイクダウンが良いのよ。
っていうセオリー通りの展開もあって好感。
クリーン多めな曲が続いたのもあって、
ボーカル含めて、この曲の攻め感はいいな(* ゚∀゚)
クリーンはクリーンで、ここでもSpencerっぽさあって○
後半のブレイクダウンには、ギターすらも
Djent感があって良いじゃないかヾ(* ゚∀゚)ノ


I Will Fight
7曲目は、ヘヴィなギターが小さく鳴って始まる。
クリーンの歌メロから始まり、スクリームへ流れ、
そしてサビに入ると再び声色に変化が見られる。
さっきまではSpencerだったのに、
ダミ声シャウトみたいな感じの部分は
Linkin ParkChesterみたいだ。
さながら"Given Up"歌ってるときみたいな。
色んなボーカルパターンあって聴いてて面白いな。
流麗な鍵盤サウンドから入る後半のブレイクダウンは
それこそ映画で流れるような雰囲気のストリングスがgood(゚∀゚ *)


Why Should I Believe
再び、ギターがフェードインして始まる8曲目。
冒頭からストリングスと共に幕を開け、
ブレイクと激しいスクリームからスタートします。
SlipknotCoreyCane HillElijahのような
低く呻くようなボーカルから一転、
サビではエレクトロサウンドの鳴るエレクトロコア展開に。
そんなダンスチューン的なエレクトロサウンドから落とす
後半のブレイクダウンは、まさに10年代のエレクトロコア!
すげー久々にI See Starsとかが頭を過ったよw
しかし、リロードSEから落とすブレイクダウン(* ゚∀゚)イィゾー
アラームのようなSEと共に締めるアウトロの展開も
何気に好きです。


Remember Me
ラスト9曲目はシンセ&クリーンから始まると思いきや
スクリームで存分に叫んでの幕開け。
その後、序盤は少しR&Bっぽい雰囲気のクリーンが良い。
そのあと、叫びながらの疾走パートに上がるヾ(* ゚∀゚)ノ
そのままのテンポでサビに突入するのも良い。
(* ゚∀゚)イィヨー ドラムの疾走感(* ゚∀゚)イィヨー
曲全体を通した疾走感は、この曲がイチバンでは?
そうした疾走感からブレイクダウンで落とす
セオリー通りの展開がまた(* ゚∀゚)イィヨー
後半のブレイクダウンからはエレクトロ系は廃し、
バンドサウンドのみで重く厳つく落とす様が良い。
アウトロは淡々と鳴る鍵盤サウンドに
荘厳なコーラスを取り入れて締める雰囲気が◎です。





以上、

Lost In Sight『From The Dark

でした。

うん、なかなか良い(* ゚∀゚)

さすが、ワタシの好みをよくわかってらっしゃるw

If I Were You的要素を感じさせるのを持ってくるとかねw

しかし、そのIf I Were Youっぽさと

それこそ10年代あたりのサウンド感もあり、

メタルコア/ポスコアとはいえ、

やはり個人的にはポスコア寄りに感じてしまいます。

何より、やっぱクリーンの比率高いっすもんね。

そして、そのクリーンの声質的にも。

そこらへん世代のバンドから

メタルコアでもクリーンを入れるバンドも増えてきたけど

やっぱメタルコアたるもの、走って欲しいし、

ギターに関してはメタル感が強くあって欲しいし、

何よりボーカルはクリーンより叫んでいて欲しい。

叫ぶパートが多くあって欲しいし、

サウンドだって、より硬派であって欲しい。

ってのを踏まえるとね、

If I Were Youはもちろん、WCARやMMF、CTEにINK

そのへんを「ポスコア」で書いてる当ブログとしては

Lost In Sightもポスコア寄りに見えてしまうな。


しかし、これがOriel Levi1人でってのがスゴいですね。

とはいえ、最近だとDarko USなんかもいるし、

昨年レビューした中だとValiant Heartsなんかも。

その2組は2人でのユニットではあるけど、

今やPC一台あれば音楽が作れてしまう時代。

「バンド」という形式に拘らずとも、

「バンドミュージック」は作れる時代なのよね。

ex. Crystal LakeのRYOが発足したKnosisも

こういう感じなんだろうかね?

まぁ、それは30日に確かめてきますけど。



それはさておき

また良さげな音楽を教えていただきました。

Lost In Sight『From The Dark

If I Were Youをはじめとした、ありし日のメタルコア/ポスコア

そこらへんが好きな人には刺さると思います。

是非ぜひ、チェックしてみてください。





関連記事