Crystal Lakeもそのステージに立った

スペインのResurrection Fest

今年のラインナップも至極ですねぇ。

その中に、今年はPALEDUSKがいるのが期待。

しかし、そのPALEDUSK



こうしてFeat.してる曲を出してるのに

SNSとかで全然出さねーんだな。

少なくともこの曲がUPされた1/7

4日経った昨日まで来ても

PALEDUSK垢はおろか、KAITO本人垢にも

シェアしてる動きは全く見られません。

せっかく海外での活動も増えてきたのに何だかなー…

リンク貼って投稿するだけなんて1分もいらんのにね。

どうも、トトです。



過去作もですが、他のネタも

動きが落ち着いている間に書き溜めていました。

今回のネタも、年始記事で挙げたものの1つで

言ったからにはやらないとね。

そんな今回、何気に1年半ぶりってほど久々に書くのは

推薦シリーズ

もともとは著名、有名、人気バンドを元に

そのバンドが好きな人にバンドを、と挙げてましたが

その元となる、フェスのヘッドライナー級バンドが

今はあまり出てこない、出てこれない状況になり

別の切り口で挙げるようにしてきました。

それが今回のような国別オススメ!





dy9b97
世界的大型フェス
Wacken開催国である
ドイツ産
オススメバンド13選


イタリアPOP PUNK
ロシア
オーストラリアPOP PUNK
カナダ
スウェーデン

に続いて、6ヶ国目となる今回は

ドイツ

のバンドを挙げていこうと思います。

自分もこうしてブログをやっていく中で

ライブに、レビューにと

けっこうドイツのバンドも増えてきました。

なので、当ブログで取り上げてきた

ドイツバンドをまとめたような記事になりました。

既にシーンから去ったバンド、現役のバンド問わず

計13バンド

出していこうと思います。

まずは、そんな中から

残念ながらシーンを去ってしまった2バンドから。




Walking Dead On Broadway
Walking Dead On Broadway
2018年、Annisokayと共に初来日を果たしつつも
2020年にその活動を終えてしまったデスコアバンド。

海外デスコアバンドで、自分が唯一ライブを見たバンドであり
その凄さを実感したバンドでもあります。
↓に挙げるMVでは、そのJapan Tourの様子も収められています。
活動は終わってしまったけど、知らなかった人には
是非ともチェックしていただきたい。







Desasterkids
Desasterkids
こちらは2016年に初来日を果たし、
2019年に無期限活動休止となってしまったメタルコアバンド。

Slipknotを彷彿とさせるようなサウンドの曲もあり、
GO WITH MEから国内盤もリリースしたバンドでした。
来日した際に、メンバーと絡んだときも
非常にナイスガイで良いヤツら感満点でした。
是非また、シーンに復帰してきてほしいですね。






残り11バンドは現役バンドを。

正確なキャリアは把握しきれてはいませんが

わかる範囲で、キャリアが浅い順に挙げていこうと思います。


Abandoned In Destiny
Abandoned in Destiny
インスタの広告から知り、
昨年、デビューアルバムリリースに立ち会うことができた
新星ポスコア/オルタナロックバンド。

モダンロック感のある、非常に今時なポスコアサウンドで
それこそ昨今のバンドが好きな人には是非ともオススメ。
これからの活動にも大いに期待したいですね。







Future Palace
Future Palace
紅一点のvo/Maria率いるオルタナ/ポスコアバンド
見た目の美しさに反して、ガッツリ叫べるタイプのボーカルです。
そうした激しいポスコアを軸に、女性ボーカルならではの
耳触りの良いクリーンによる良メロオルタナロック感もあります。
昨年は2ndアルバムもリリースし、音楽性も継続した良盤。
着実にキャリアを重ねているのも好感です。







VENUES
VENUES
男性ボーカルのRobin、女性ボーカルのLelaによる
男女ツインボーカルのポスコアバンド。
こちらのLelaはクリーンのみで、叫ぶ方はRobinと
しっかり役割分担が成されています。
Future Palaceよりも遥かにコア感は強く、
しっかりポスコアしてるサウンドも良いです。
昨年、新曲もお目見えしていて
今年は3枚目のアルバムがリリースされるのでは?
と、期待しています。







Breathe Atlantis
Breathe Atlantis
美メロ、良メロが特徴なオルタナロックバンド。
しかし、昨年リリースされたアルバムでは
かなりコア感が強くなった印象です。
それでもクリーンボーカルの良さはそのままで
ドイツならではの良質ポスコアに。







Holly Would Surrender
Holly Would Surrender
コアバンドひしめくドイツバンドの中で
その珍しさから新鮮ですらあるPOP PUNKバンド
明るく楽しいポジティブサウンド、MVでのバカっぽさなど
しっかりPOP PUNKしてるところが非常に好感です。
昨年リリースされた新譜は、そのサウンド自体
日本のバンドみたいな感じすらあるw
それゆえに、日本人には非常に耳馴染みが良いと思います。







Chaosbay
Chaosbay
叩くようなヘヴィなギターリフが特徴的な
プログレッシブメタルコアバンド。
とは言うものの、何気にクリーンの雰囲気が良く
音楽性的にもポスコアに近いグッドメロディを展開しています。
それでいて、重さ極まるプログレ感のあるサウンドが◎
昨年、自分はこのバンドを初めて知りましたが
ハマり具合はかなりのものになりました。







Our mirage
Our Mirage
ドイツらしい、しっかりコア感を出しつつも
グッドメロディで押せるポスコアバンド。
確かなコア感のあるサウンドやスクリーム、
それでいてクリーンボーカルによる歌メロの良さ、
それをストレートに表現するバンドだと思います。
昨年の新譜もとても良かった。







Electric Callboy
Electric Callboy
Eskimo Callboyから改名したエレクトロコアバンド
硬派というか、真面目?にバンドしてるのが多い
そんなイメージのあるドイツバンドに於いて、
ここまで笑えるバンドがドイツにいるのは珍しいと思いますw
それこそ、全力で笑かしにきてるMVは必見w
しかし、シリアスな曲もしっかりできる実力もあります。
その地力があるからこそ、笑わせることもできる。
聴くと、見ると元気が出る、希少なドイツバンドです。







Annisokay_2021
Annisokay
WDOBと共に初来日を果たした
ドイツ産グッドメロディポスコアのパイオニア的な存在。
ライブでも音源を再現できるレベルで歌える
クリーンボーカルChristophのボーカルも素晴らしい。
クリーンボーカルが確かな強みであるものの、
タフなスクリーム、ヘヴィサウンド、ブレイクダウンにと
コア要素もバッチリ完備してるところがまた良い。
是非とも、また生で見たいバンドのひとつです。







ENGST
ENGST
自国のチャートで1位を獲得するほどのロックバンド
とはいえ、MVはPOP PUNKバンドのようなバカっぽさで
大いに笑いを誘いますw
しかし、サウンド面はクールなロックサウンドな部分も多々。
これまで挙げてきたバンドとは違い、歌詞もドイツ語で
ホントに自国特化なバンドなんだなってのも窺えます。







Donots
Donots
自分の中でドイツを代表するバンドと言ったら
このDonotsをおいて、他にありません。
キャリア的にも今年で30周年となるベテランです。
PUNK ROCKをベースにした音楽性で
過去に一度、来日したときのライブもめっちゃ楽しかった!

そんなDonotsも、↓に貼ったMVの詳細欄を見ると
今年、新譜リリース予定\(^o^)/
これまた楽しみ!








以上、

ドイツのオススメバンド13選

でした。

やはりドイツと言えばArising Empireだし、

今回取り上げたバンドも

Arising Empire所属バンドは多かった。

それも相まって、自分の中では

ドイツ=良質ポスコア

ってイメージがあったものの

自分が思うより色んなバンドに出会ってきたんだな

ってのが、この記事を終えての率直な感想です。

今回挙げたバンド同士でも

Feat.してるとこも良いですね。


そんな今回取り上げたバンド、

そして今回出してないバンドも含め、

前回のスウェーデン同様、

ドイツ版のプレイリストを作成しました。

Spotifyユーザーの方は是非。




やはり国別推薦シリーズの記事は

自分の中でも

その国で出会ってきたバンドを振り返る意味でも

書いていて楽しいネタのひとつです。

US / UK /AUS

の音楽的三大国は、さすがにバンドが多すぎて

ジャンルを絞らないと出せませんが

やっぱその3国以外にも

良いバンドはたくさんいるってのも改めて実感します。


そんなこんなで、今回は

ドイツ

に焦点を当てた、推薦記事でした。





関連記事