今の方が生き生きしてるように見えるけどなw

"ハリー・ポッター"が好きな人は知らんけど

"ダニエル・ラドクリフ"が好きな人なら

今の方が好感なのでは?笑

現に自分はそうですw

『ガンズ・アキンボ』のヘタレ強制二丁拳銃も

『ザ・ロストシティ』の小物感も良かったよw

『スイスアーミーマン』も早く見なきゃw

どうも、トトです。



2週間ぶりの新作映画

今回の作品を知ったのは確かひと月以内と

割りと最近だった気がします。

作品情報だけで、予告もロクに見てないけど

これ絶対笑えるヤツw

と思って、チェックしていました。

そんな今年22本目となる新作映画はこちら。




20220715_005533
バッドマン
史上最低のスーパーヒーロー
(原題:SUPER HEROES MALGRE LUI)

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた―。





ポスターからしてふざける気満々!w

『シティーハンター』の実写化が大好評だった

キャスト、スタッフによる作品

バッドマン
史上最低のスーパーヒーロー

公開初日の今日、観てきました。


『シティーハンター』も観たかったけど、

あれよあれよという間に上映期間が過ぎ、

BDで観ようと思ったけど、あれよあれよという間に時間が過ぎ

今日を迎えてしまいました(。-∀-)笑

でも、今作だって絶対笑えるヤツじゃんw

まずタイトルである『BAD MAN』

カタカナでググったら本家の方しか出てこないレベルで

『バットマン』だしさw

ポスターにはジョーカーっぽいヤツもいるし、

バットマンはDCだけど、これまたポスターにいる

ハルクみたいなヤツ、キャップの盾みたいのを持ってるヤツ

ハルク、キャプテンアメリカはマーベルでしょ?w

主役が持ってるハンマー?もソーのでしょうよw

左端にはローガン(ウルヴァリン)っぽいのいるし

ポスターだけでも情報が渋滞気味w

このポスターに関しては、珍しく日本版の方が良いかなw

20220715_005458

本国版はヒーロー側が小さすぎて

ただのコメディって感じで、インパクトに欠ける。



と、そうして観てきた本作ですが

いやー、笑ったw

笑いを誘うシーンの数が多すぎるw

それに加えて下ネタもガンガンぶっ込んでくるので

笑わない時間の方が少なかったんじゃないかと思えるw

そもそも主役が、短小用コン●ームのCMやってる時点で…w

しかし、その主役が事故って記憶喪失になったことで

手持ちのガジェットからの情報により

勘違いした記憶でヒーローしていくことになるとはw

それによって事件事故が巻き起こっていく展開が面白かったw



そんな本作、

オープニングからマーベルスタジオの演出モロで始まり、

『最強のふたり』のパロらしくものがあったりw

しかし基本は、最後の最後までDC、マーベル問わず、

アメコミヒーローものの映画が好きな人なら

そういうのを知っていれば知っている人ほど楽しめると思います。

そういうのを見ていなかったとしても、

どういうキャラがいるとか、

「指パッチン」みたいなワードを知ってるとかね。

もちろん、そういったとこを知らなくても

楽しめることは間違いないんですが。笑



まず、やっぱりバッドマンよねw

本家バットマンもアクションはあるけど、

本家よりも軽快なアクロバットアクションは見どころかも。

BADMAN_4

ただ、バットマンめっちゃアクロバットしてるw

なんて見方もできるワケですがw

マントがないってのも後押ししてか、

ちょっとブラックパンサーっぽくも見えるんだよなw

BADMAN_3


ポスターにもいたジョーカーっぽいヤツは

名前が見たまんまの「ピエロ」だったのは噴いたw

バットマンはバットマンで、その黒さを利用した

暗がりで目だけが見えていて、その闇に消えていく…

みたいなシーンも、バットマンを見たことある人は

すぐにわかるシーンだと思いますが、

バッドマンはなぁ…w

最初は良かったんだけど、

2回目は下がったところに腕で電気のスイッチを押してしまい

その姿が丸見えにwwwww

こういうバカみたいな笑いが山ほどあるw

ローガンなんてたったワンシーンなのに

インパクトすごかったもんなw


メインは"バットマン"パロ?オマージュ?だろうけど

ポスターの通り、色んなヒーローものも出てきました。

なんとあの

スパイダーマンの有名なキスシーンまで!

BADMAN_1

しかし、それがオリジナル同様な

ロマンスシーンになるワケもなく…w

こんなとこまで下ネタに持ってくとは思わなかったわw

オリジナルの方を知ってる人なら、

これがどう下ネタになるのか

カンの良い人はわかるかもしれませんね…w


そんなMJポジにいた子、かわいかったな(*´ω`*)

髪まとめてない方が好みだ(*´ω`*)

しかし、この子もこの子で

大いに笑いの犠牲になるんですがw

BADMAN_5



ハルクはどうやって緑にしてんのかと思ったら

小道具のグリーンパウダーかよw

溶接仮面は誰かと思ったらアイアンマンかw

これは本編見るまでわからなかったw

このへんが判明するのは終盤ですが、

やっぱ終盤になると、これまでよりも遥かに

笑いどころを畳み掛けてくるので涙出たw(ノ∀≦。)

BADMAN_2

すべて見終わったあとの感想としてはやっぱり

面白かったwwwww

が来るけど、いろんなところから怒られねーかな…?w

って思う部分もありますw

いちばん怒られそうなのはトム・クルーズじゃねw

もちろん、あれは本人じゃなかったにしても

オチが尻に被弾てw




と、涙出るほど笑ったくらい面白かった

バッドマン
史上最低のスーパーヒーロー


の感想でした。

やっぱ有名作品の要素を取り入れていて、

且つ、それを笑いに昇華してる作品は面白いなw

本作はそれをほぼ全編に渡ってやっているので、

大いに笑える作品となっていますw

この夏、オススメの一作です。





関連記事