Alpha Wolfのツアーで共に回っているPALEDUSK

ちゃんと会場を沸かせていますね。

むしろ海外へ行くのが遅すぎた感のあるバンド

これくらいはやってくれないとね(* ゚∀゚)

ホンット!このバンドに足りないのは「アルバム」のみだわ。

どうも、トトです。



リリースされている枚数に対して、

記事のストックが全く出来ていない状態なので

更新日の1~2日前に記事が出来上がる昨今。

今回の記事も、仕上がったのは昨日でした(。-∀-)笑

今回のバンドも取り上げるのは初、

しかし、キャリア自体はそこそこ長いバンドです。

過去に一度、MHz FESTでの来日もありますね。

今回取り上げるのが初になるので、

その来日公演にも行ってはいませんが( ノД`)

そんなバンドがリリースした

今年60枚目となる新譜レビューはこちらの作品。





20220603_005347
Bleed From Within『Shrine』
01. I Am Damnation
02. Sovereign
03. Levitate
04. Flesh And Stone
05. Invisible Enemy
06. Skye
07. Stand Down
08. Death Defined
09. Shapeshifter
10. Temple Of Lunacy
11. Killing Time
12. Paradise





UKはスコットランド産のメタルコアBleed From Within

前作から2年ぶり6枚目となるアルバム

『Shrine』がNuclear Blastから6/3にリリースされました。


BFWを取り上げるのは初ですが、

gt/Stevenが所属しているもう1つのバンド

From Sorrow To Serenityは過去にレビューしたし

来日公演にも足を運んでいます。



そんなFSTSは音源も、ライブも、

とても良いバンドだったけども、

BFWにガッツリ触れるのは初となる今回の新譜

どんな感じなのか、聴いていこうと思います。




I Am Damnation
1曲目は、仄暗い暗闇の奥に引きずり込まれそうな
そうした暗闇の奥から聞こえてくるようなイントロ。
徐々に大きくなっていく中で、高鳴るギターの音が
Crystal Lakeの"The Circle"で聴いたような
どこかエジプトじみたサウンドに聞こえます。
Fight it!!
と、vo/Scottの咆哮と共に、重苦しいブレイクダウンで幕開け。
その後もミドルテンポに進んでいく展開はニューメタルのよう。
サビではコーラスによる声量多めのシンガロング感。
Bメロはサウンドの勢いを強めていった先に、
再び重さ際立つブレイクダウンで一気に落とす。
ラストサビはやはりコーラスによる声量の多さと
さらにストリングスを加え、壮大な雰囲気を醸し出す。
締めはやはり頭を振りたくなる重たいブレイクダウン。
ダークな雰囲気とこの重いサウンド、終始叫ぶボーカル
ミドルテンポではあっても、全く緩さを感じない
良きオープニングトラックでした。





Sovereign
2曲目はその重さを保ったまま、テンポを上げて攻勢に。
テンポが上がったことで一気に熱量が上がります。
They said to bide my time so I fall in line!!
から入るブレイクダウンも上がりますねヾ(* ゚∀゚)ノ
そのあとは高速バスドラが光る疾走感でさらにテンポを上げ
モッシュ必須の激しいサウンドが展開します。
さらにそのあとは高速バスドラと細かく速く刻むリフ、
そしてそのままギターソロに繋げるところもアツい。
前曲に比べるとドラムの手数足数が多く、
やっぱこういうテンポ感、リズム感のキモであるドラムが
バカスカ叩いてる曲は良いっすね\(^o^)/


Levitate
ストリングスを交えたメロウな雰囲気で始まる3曲目。
冒頭を抜けると激しいスクリームに呼応するように
サウンド面もアップテンポに激しく展開する。
サビに入るとイントロの雰囲気を踏襲し、コーラスによる声量と
オーケストラのようなストリングスによる壮大さひとしお。
最近のArchitectsとWhile She Sleepsを掛け合わせたような
ハイブリッド感増し増しな展開がまた上がる(* ゚∀゚)
しかし、メタルバンドだと言うことを思い出させる
ギターソロはここでも健在です。
ギターソロのあとは、フラグ通りにブレイクダウンで落とす。
ポイントポイントでギターに耳がいき、ドラムに耳がいき
そんな耳を引くフレーズが出てくるブレイクが◎
アウトロはこれまたイントロと同じような雰囲気で、
gt/Stevenが静かに歌うクリーンボーカルにストリングスが前に出る。





Flesh And Stone
ダークでシアトリカル的な雰囲気と
ブラストビートから幕を開ける4曲目。
そのイントロを抜けると一気に激しく走り出す!
この疾走感たまんねーヾ(* ゚∀゚)ノ
そのあとミドルテンポにズンズンしてから、
再びブラストを交えつつ、
コーラスによる声量多めになる壮大な展開。
そして再び疾走、テンポを落として重さ際立ち、
ブラスト+コーラスな展開を繰り返します。
終盤は聖歌隊のようなコーラスにストリングスを交え
壮大なシンフォニック感の中、最後にブレイクダウンで締め。
こういうのたまんねーな(* ゚∀゚)





Invisible Enemy
5曲目はギターを先行させ、
重厚なサウンドから幕を開けます。
ベースのグルーヴ感が光るニューメタル的なテンポに。
サビに入ると、やはり声量の多いコーラスが耳を引く。
テンポ感は、これまでのようにあまり上げ下げさせず、
ヘヴィサウンドで進行していく感じ。
落とすところは、やはりブレイクダウン。
ブレイクダウンはフラグ通りにきっちり落としてくれます。
そんなブレイクダウンでこの曲を締めます。


Skye
6曲目はメロウなアコギに、天に上るような雰囲気の
1分足らずのインタールード。
ここにストリングスが加わり劇場的な雰囲気を加えます。
折り返し地点の曲であり、次への布石となるような。
わずかに響いてくるクリーンボーカルはStevenかな。


Stand Down
そんなフリがウソみたいに激しく始まる7曲目。
Stand Dooown!!
と、冒頭からタイトルを咆哮する様は、
共に叫びたくなるシンガロング衝動に駆られる。
激しいサウンドながらどこか縦ノリ感のある
キャッチーさ、リズミカルな展開が面白い。
従来のメタルらしさは随所に感じながらも、
どこかロックな面もあるように感じます。
しかし終盤、劇場的なストリングスに加え
Stevenのイケボクリーン、からのScottの咆哮キッカケで
落とすブレイクダウンは間違いなくメタルコアのそれですね。





Death Defined
今度はイントロからしっかりメタルを感じる8曲目。
淡々としたリズムにScottのスクリームを交えて進む。
サビはやはりStevenのクリーンをメインに据え、
声量多めのコーラスで周囲を固めている様が
こちらのシンガロング欲を掻き立てます。
タイトルの割には、今作ではおとなしめの曲か?
他が十二分に激しいからでもあるからだと思うけど。笑
しかし、そんな中で落とすブレイクダウンは
しっかり頭振りたくなる感じなのは○


Shapeshifter
タイトル的にはどうしてもKnuckle Puckが浮かぶ9曲目。笑
しかし、もちろんそんなPOP PUNKとはまるで違う
シンガロングを乗せた激走サウンドからスタートします。
しばらくご無沙汰だった激しい疾走感がここでカムバック!ヾ(* ゚∀゚)ノ
このサークルが映えるような疾走感(* ゚∀゚)イィゾー
Djent的なリフもあり、高速バスドラもあり、
激しく、熱量のある激走メタルコアでとても良い!
ボーカルも叫び倒してるのが良いよねー
そしてサビは、もはや今作では定番となった
大きなコーラスと共に大盛り上がりで展開します。


Temple Of Lunacy
10曲目はギターを前面に出し、これまでに何度も出てた
ストリングスと共に幕を開け、
そのまま激しいサウンドへとなだれ込んでいきます。
ここでもシンガロングパートを交えながら、
高速バスドラが気持ち良い疾走感がとても良い。
いや、しかしサビのシンガロングコーラスも
ここではひとしお大きく聞こえますね。
Bメロ開始時はシアトリカルなストリングスに始まり
は軽く走ってからブレイクで落とす定番の展開。
定番だからこそ良いんだよ!と言いたくなる。
アルバム後半に来ても、この攻め感は良いですね(* ゚∀゚)b


Killing Time
続く11曲目は、地の底から徐々に上ってくるように
ギターの音がフェードインしてくる今作ラスト12曲目。
冒頭の雰囲気はまた少しニューメタルを感じつつ、
徐々にメタルコアな感じを帯びていく。
ストリングスを要所で存在感を露わにします。
中盤のブレイクダウンにもストリングスが顔を出す。
ラストサビへと流れる前のブレイクダウンパートから
ラストのブレイクダウンへと繋がっていくところは
タイトル通りの殺人的な展開で○


Paradise
ラスト12曲目は重厚な中にも、
少し哀愁を感じるようなピアノから始まる。
バンドサウンドと共におーおーコーラスも入れて始まり
囁くようなボーカルからScottのスクリームにバトンタッチ。
Bメロではベースのグルーヴ感もとても良い。
サビでは、ここでも劇場的なストリングスを加えながら、
おーおーコーラスによる壮大さを展開します。
ラストの曲に相応しいアンセミックなコーラス◎
しかし、そんな雰囲気をぶっ壊すかのように
ラストのブレイクダウンの破壊力よ。
しっかりメタルコアバンドだということを示し、
激しく攻め立てて終わる、良きエンディングに。





以上、

Bleed From Within『Shrine』

でした。

とても良かった(* ゚∀゚)

前回のSABLE HILLSに続き、

ちゃんと熱量を感じられるメタルコアで何より。

加えて、やはりストリングスの存在は無視できない。

メタルコアにここまでストリングスを加えると

昨今ではArchitectsが浮かんできますが、

今のArchitectsよりも、今作の方がメタルコア度は高い。

そこがまた好感でした。

同じ年にこの2バンドがリリースしていたとしたら

自分はBFWを取ると思います。


Stevenのクリーンボーカルも申し分ないけど

コーラスによる声量の賑やかさによって、

あんまりクリーンを感じられないのは良いのか悪いのか…笑

しかし、それによってシンガロング感が大いに出るので

それ自体は大いにアリですね。


こういうのを聴いてしまうと、

何故、来日公演に行かなかったのか…orz

という、もはや無意味な遅すぎる後悔に苛まれます。

遅咲きはもう直らんな(´・ω・`)-3

と、そうした思いに駆られるくらい良盤でした。

Bleed From Within『Shrine』

ストリングスを取り入れて且つ、

しっかりメタルコアしてることが伺える1枚です。

是非ぜひ、チェックしてみてください。





関連記事