ざまぁ以外の言葉も感情も出てこないな。

m9(^д^)クソざまぁ

こういう見せしめは大事だぞもっとやれ。

根本の原因はこういったものを作る阿呆だけど

見てる阿呆共も同類なのでね。

そいつらにも何かしらの形で制裁がいかないものか(。-ω-)ウーン…

あとゲームの方もなぁ…

どうも、トトです。



本来、5月に観たい映画がある

と言っていたものの、結局観ず仕舞いで

新作映画記事がどんどん滞っていますw

反面、旧作を見る時間に当てているので

今回もこうして旧作記事を上げることに。

そんな今年3本目の旧作映画はこちら。




PIXELS
PIXELS
(2015)

1982年、NASAが宇宙に向けて「友好」のメッセージを発信した。2015年、しかし、そのメッセージは大きな誤解を招き、我々人類に襲い掛かる。ヤツらはゲームキャラに姿を変え、地球を侵略し始めたのだ!グアムの空軍基地を襲う「ギャラガ」インドのタージ・マハルを崩す「アルカノイド」ロンドンの空を覆いつくす「センチピード」NYの街を食べ尽くす「パックマン」、ワシントンDCに現れた巨大母船からは、「スペースインベーダー」をはじめとする大量のゲームキャラが…さらには「ドンキーコング」まで!?全てをピクセル化させる攻撃を受け、ピコピコ崩壊する世界…。この最大の危機を乗り越える為の秘策は、1982年当時のビデオゲームのチャンピオン達を集め、ヤツらに対抗することだった。見た目は残念な元オタク達をアーケーダーズとして組織し、米国陸軍中佐の指揮の下、ゲームキャラに戦いに挑むのだが…!ゲームオタク vs 80年代ゲームキャラ、今「決戦」がスタートする!




当時、観ようと思っていたけど

結局、観ずに終わってしまった

ピクセル

を、自宅にてアマプラで鑑賞。

こんなに面白いなら

やっぱ映画館で観るべきだったなー


『FREE GUY』のように

ゲームを映画に組み込んだ内容ですが、

FREE GUYは現代のゲームに対し、

ピクセルはレトロゲーム

予告編から存在感を露わにしていた

パックマンが良い例です。

パックマンが敵勢力、ゴーストを地球側として

そのゴーストを車にするのは面白いね。

PIXELS_2

パックマンが無敵状態になったときに

車の色も食われる側の色になってたのも芸が細かい。


他にも、テトリスによって

揃ったとこから建物の一部が消えていくのも面白かった。

PIXELS_4



作中では、パックマンの生みの親である

岩谷徹本人がまさかの出演!∑(OωO; )

PIXELS_5

と、思いきや

作中の岩谷教授は日系カナダ人のデニス・アキヤマ

って人が演じていたみたい。

随分英語が上手いなって思ったw

ただ、岩谷さん本人のカメオ出演は本当にあるらしく

ブレナーらが子ども時代の冒頭シーンに出ているそうです。




そのブレナーを演じているアダム・サンドラー

個人的には『ベッドタイム・ストーリー』以来、

2度目の主演作を観ました。

彼もコメディ俳優として実に面白い。

PIXELS_1

本作ではプロデューサーも兼務してるみたいですが

大いに笑わせていただいた。

翻訳家のおかげもあるかもしれないけど、

セリフ回しが面白いなw

いちばん最初、配線に来た家に

オタク電機から来たオタクです
お宅のAV機器を接続します


と言ったのは笑えましたw

そのあとのやり取りもまた


どの家でもそれを言うの?
   −給料もらうために

屈辱じゃない?
   −人に言われると

じゃ言わない
   −助かる



ってのがコメディ洋画らしい会話で笑うw

またこの家の子がブレナーを呼んだ理由が

新しい85インチの4K3Dテレビと
PS4と7.1chサラウンドスピーカーをつなげる


とか、贅沢環境すぎて羨ましい

PS4なんて今や一世代前のものになったのに

何だこの敗北感は…(;`皿´)ぐぬぬ



しかし、FREE GUYでは現代ゲームだし、

VRもある今の時代では

割と想像しやすいものではありましたが、

こういうドット絵時代のレトロゲーを

現実世界に組み込んだらこうなる

みたいな世界観は、見ていても楽しかったですね。

PIXELS_3

作中でもありましたが、

シューティングなんて、これと同じように

VR化してドット絵を表示させるのでも

これはこれで面白いんじゃないかとも思える。

触れたものがピクセル化するってのも面白い。

まぁ、それは映画的演出だったとしても

こういう路線で現代化していっても

楽しめるような気もします。

2015年の作品ながら、ゲームに新たな可能性を感じますね。



コメディ映画としても、ゲーム映画としても、

大いに楽しめた

ピクセル

の感想でした。





関連記事