速攻予約した!\(^o^)/

でも、こういうネット通販って

全部が全部クレジットでやるの嫌なので

割と振込とかコンビニ払いとかもやるんですが

コンビニ払いにしたら、

何で強制的にコンビニ受け取りになるんじゃ…(゚皿゚メ)イラ

おめーのことだよ楽天ブックス

今回初めて楽天ブックスで予約したけど、

そこは強制じゃなくて、ユーザーに選ばせーよ。

どうも、トトです。



チェックしている作品が一気に3つも公開される

3/18公開作の中から、

今年15本目となる新作映画の感想をば。

前作を大いに楽しみ、

続編も待ち望んでいました。

だからこそ、上記の通りの3本の中から

今作をいちばん最初に選んだ次第です。




20220318_001507
SING 2
(邦題:シング ネクストステージ)

歌のオーディションを開催し、取り壊し寸前の劇場を見事に復活させたニュー・ムーン劇場の支配人バスター・ムーン。だが、彼の夢はそれで終わらない。次に目指したのは、エンターテインメントの聖地“レッドショア・シティ”での公演だった!
バスターは仲間たちを引き連れてショービズ界の超大物、ジミー・クリスタルのところへオーディションに行き、斬新なアイデアと持ち前のハッタリで超一流劇場であるクリスタル・タワー劇場での公演の契約を取り付ける!でも、その契約には15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手・クレイ・キャロウェイをキャストに迎えるという条件があった。
地元の小劇場を飛び出し、途方もなく大きな舞台に立つチャンスを手にしたバスターたち。
それは、数々の困難のはじまりだった――。いま、ネクストステージに挑む彼らの、笑いと感動の物語が始まる!




前作は日本でも興収51億超えをしていたという

意外な結果に驚いた作品の続編

SING 2

を観に行ってきました。

その51億のほんの極々わずか一部に

自分も貢献した通り、前作も観ていて、

確か続編決定は、前作公開時点だったか

そうじゃないにしても割と早めに決まってた気がする。

それからずっと続報を待っていて

作年末には本国で公開されたってことで、

日本公開を心待ちにしてました。


前作同様、今作ももちろん

字幕版で鑑賞。

しかも、前々回観た『Music』の扱いは残念だったけど

今作は近場の映画館でもDOLBY-ATMOS上映があって

当然!DOLBY-ATMOSで観てきました。

やっぱ音楽がなくてはならない要素の作品だし

それで音響特化上映スクリーンがあるなら、

それを選ばないなんて選択肢はないよね。


続編、まして2作目なんて

大概にして初作よりも評価は落ちるもんだけど

めちゃめちゃ面白かった!(≧∀≦*)

それと言うのも、この作品自体が

舞台上で歌って踊るミュージカル的な

ステージショーを描いている為、

続編でよくある"スケールアップ"が

上手いことハマった形だと思います。


今作の舞台であるレッドショアの街並みも

まさにブロードウェイな感じで、

ひと目で前作との規模の違いをわからせられる。

そうした街並みを見てるだけでも

(* ゚Д゚)はぇー…ってなるくらいでした。

Sing 2_01



冒頭は前作同様、復活したムーン劇場で

前作のメンバーを中心に送る

アリス イン ワンダーランド(不思議の国のアリス)

から幕を開けます。

Sing 2_02

観てるこちら側は楽しかったんだけど

観客として来ていた

エンタメの整地『レッドショア』の

クリスタル・タワー劇場のスカウトマンからは

三流
こんな地方でなら良いけど
レッドショアでは通用しない


と、キッツイ物言い。

落ち込むムーンに、今やすっかりムーン劇場の

上客となっていたようなナナに奮い立たされ

ムーンはみんなでレッドショア公演を目指す!

Sing 2_03


そして、結果は大成功に終わるという。

その今作の目玉である一夜限りのビッグショーは

本当に圧巻でした(* ゚∀゚)

ムーン劇場から遥かに大きな劇場になり、

巨大なステージセットは見応えバッチリ!

Sing 2_04

もちろんキャストの歌も、ダンスも含めて

本当に一大ビッグショーでしたね。

ホント、DOLBY-ATMOSで観て良かった!

音響特化のスクリーンは

こういう作品と、とことん相性が良い。

昨年は『竜とそばかすの姫』でそれを実感しましたが

今作も同様、そのステージを実際に観に来ている

観客の1人になったような

実際にその会場にいるような

臨場感や没入感を体験できます。



そんな『SING』シリーズを彩る

数多くの楽曲がそれを引き立てます。

今作では日本発の曲がなくなったのは残念だけど、

前作同様、そこまでマイナーな曲は出てきません。

だからこそ今作も、広く、色んな音楽が好きな人ほど

楽しめる要素になっていると思います。

そうでなくても、やはり有名な曲が多いため、

曲のタイトルや演者を知らなくても、

あ、この曲聴いたことある!

ってのが、ひとつやふたつあると思います。


まずは、冒頭『アリス』のとこであった

原曲はPrinceからの"Let's Go Crazy"に始まり




久しぶりの再会となったようなアッシュは

Yeah Yeah Yeahsの"Head Will Rock"を

箱で爆音で鳴らしていました。



ロックシンガーでもあるアッシュは

クレイを連れ出すという大役も担いました。

奥さんを亡くして15年以上、歌うことはおろか

自分の曲すらも聴いていなかったクレイ

彼の家の前で1人、アコギの弾き語りで

"Stuck In A Moment You Can't Get Out Of"を歌う。

Sing 2_05

それに釣られて出てくるクレイ…

中の人を考えれば、この曲も

過去にクレイが歌っていた曲の1つなんでしょうね。



そして、前作でもあった

一気に色んな曲が聴けるオーディションでは

一瞬で過ぎ去った中でも、

やっぱEMINEMの"My Name Is"は

ワンフレーズでもわかりましたね。笑




そして今や時の人でもあるBillie Eilishなんかは

どっかで使われるやろ!と思っていたら

ムーン一行が、クリスタル・タワーに

変装して入り込む際に"Bad Guy"が使われててわろたw

この曲がこんなコメディシーンで使われるとはw

曲調とのシンクロ率もなお高くて笑いましたw




ジョニーは今作でも甘い歌声を響かせます。

トップ振付師のキッケンクローバーの

シゴキにも似たキツいレッスンに限界にきた頃、

街であったストリートパフォーマーのヌーシーに

指導を仰ぐため、自分を信じてもらう為に、

店の中で歌った、Shawn Mendesの

"There's Nothing Holdin' Me Back"はとても良かった。




さらにステージ上では、

キッケンクローバーも振りと歌で打ち負かし、

その時の曲がColdplayの"A Sky Full of Stars"




そんなクソテングザルを跪かせたときは

ジョニィィィ\(* ゚∀゚)/ィィイイイ

でしたよね。

このステージをクリスタルに告げずに

強行することもあって、

警備にはうってつけの人がいるよ

と、ジョニーが呼んだのがお父さんだったのも良かった。

お父さんもすっかり息子のファンやん微笑ましい。笑

Sing 2_06


しかし、前作の中でもそうだったけど

ジョニーを演じるTaron Egertonの歌声好きだなぁ。

やっぱ今作でも↑の2曲が圧倒的に好きでしたもん。

次点でアッシュのスカヨハ。


そして、今作のゲストの中でも

個人的に注目していたのがHalsey

Sing 2_07

彼女はクリスタルの娘、ポーシャ役でした。

高所から難なく飛び降り、

Alicia Keysの"Girl on Fire"を歌い、

ロジータから役を奪い取る。




かわいいオオカミちゃんじゃんとは思うものの

権力者の娘ぇ…(。-∀-)

ってのが見え隠れする。笑

ムーンが役の"交代"を告げた時も

"降板"だと勝手に勘違いし、泣き出し、

みんな私のことが嫌いなのね(。´Д⊂)

と、クソ面倒くせぇこと言いやがるw

甘やかして育てるからこんなヤツになるんだw

でも、改めてステージに立ったポーシャは

The Strutsの"Could Have Been Me"を唱い踊る。



父親のクリスタルも意に介さず、反抗期の始まりか?笑

ポーシャ演技はのクソ大根(を演じるHalsey)だったけど

やはり歌わせたら圧巻!

持ち味をいかすムーンさんさっすがー(* ゚∀゚)



そして、前作で歌姫として成り上がったミーナ

冒頭のアリス役で歌った"Let's Go Crazy"から

その圧倒的な歌唱力を見せつけてくれました。

後半のステージでは、スター歌手の牛のダリウスと

ロマンスシーンを演じる。

Sing 2_08

…が、そういう経験のないミーナは、

会場の外にあるアイスクリーム屋台のスタッフ

一目惚れしたアルフォンゾをダリウスと置き換え

Aretha Franklinの"I Say A Little Prayer"を歌う。

そしてアルフォンゾを演じるのがPharrell Williams

あのPharrellがゾウ!w

と思ったけど、ミーナにより脳内補完された

ステージ上のアルフォンゾは

素晴らしいデュエットを聴かせてくれました。






歌唱シーンでは今作、あまり出番のないブタさんコンビ

ロジータとグンターは、どちらも歌でない部分で

大いに活躍していました。

ロジータは、そのショーでは主役を務めたし、

そもそもレッドショアで舞台に立つことが夢で、

他のメンバーが弱気な中、真っ先にバスに乗り込み

みんなをレッドショアへ先導しました。

そして、そんなロジータが主役の本公演、

原案はグンターが考えてるというw

グンターは前作からこういうヤツだったからね。

大きい舞台で本領発揮ってことかな。笑

そんな2人は、ステージ上で

Ariana Grandeの"Break Free"を歌う。




前作はTaylor Swift、今作はAriana Grandeと

ロジータ&グンターは選曲が今風よね。

とはいえ、今回のアリアナの曲は8年前のだけど…

もう8年も経ってるのが絶望だよorz


影の主役としては、やはりミス・クローリーw

Sing 2_09

クレイ勧誘には失敗したものの、

ムーンがクレイ勧誘に発つ際、代役を任され、

普段のおっとりした雰囲気から一転、

軍隊の隊長になったような立ち振舞いは笑ったわw



これがなければ、ステージセットも間に合わなかったのではw

ポーシャにも容赦なく怒声を浴びせてて、

前作でも出なかったキャラ性がとても良かったw

クレーンか何かでベランダまで来たのは描写されてたけど

イジけて部屋で泣いてたポーシャにも

"隊長"が顔を出したのは想像に難しくないw

このキャラを監督自ら声を当ててるっていうのも面白い。


そして、大トリ。

伝説のロックシンガーであるクレイと

ムーン一行からはアッシュの2人が歌う

"I Still Haven't Found What I'm Looking For"



それも、今作でクレイを演じているのが

現実でもレジェンドであるU2のBonoだからこそ。

劇中でも一大シンガロングが巻き起こるこのシーンは

観てるこちらもその一体感の一部になれました。

DOLBY-ATMOS様様。

しかし、U2のBonoとしては

割と歌声は高めだと思うんだけど、

クレイが話してるシーンの声の低さよ∑(OωO; )

Bonoさん、声優としてもやってけるんじゃねーの?笑


そして、今作の主題歌となった

"Your Song Saved My Life"は

今作の為にU2が書き下ろした楽曲とのこと。

作中でも何度も流れてましたよね。

U2としても2年ぶりとなった新曲だそうです。




エンドロールでは、

オーディションで少しだけクリスタルを引き込んだ

フラミンゴたちが彩ってくれました。

ミス・クローリーの義眼をもてあそびながらw


そんな本作の楽曲が詰まったサントラも

本国では作年末公開だったこともあり、

既に配信中です。



ボートラでクリスマスソングが入ってるのは

本国での公開はクリスマスシーズンだったからか。笑



しかし、今作

観てて1つだけ疑問が…

エディは?

Sing 2_11

マイクがいなかったのは

彼のキャラ的にも、立ち位置的にも

前作限りってのはわかるけど、

ムーンと親友ポジだったエディが

姿かたちが全くなかったのは不思議だな。

ナナは出てるのに。



と、前作同様

広く音楽を聴くような音楽好きにはもってこい!

音楽好きを名乗るなら是非とも観てほしい

SING 2

の感想でした。

いや、ホントまさかここまでレベルアップするとは。

海外作品で、続編のが遥かに良かった!

なんて思えるのはいつぶりだろうかね。

それほどに大いに楽しめました。

映画館を捨てたディズニー(×ピクサー)はもう知らん。

ユニバーサル×イルミネーションのファンになります(´ω`*)





関連記事