PS5を入手する前に、PS5がきたとき用に

テレビを同じくSONYのBRAVIAに変え。

いざ、PS5が手に入り、コントローラーなんかで

PS5の電源を入れると、同時にテレビも点くとか

超便利じゃーん\(^o^)/

なんて思ってたんだけど、たまに勝手に点くんだよな。

夜とかも寝ようと思ってテレビを消して(PS5は未起動)

布団に入るとテレビだけ勝手に点くとかもあるし…

この前、仕事から家に帰ったらテレビ点いてて、

それは完全にPS5キッカケで点いたみたいだけど

それならそれでPS5が勝手に起動して、

勝手にレストモードになって休んでやがるんだが…

さらについこの間は

給湯器の電源が勝手に入るとかいう謎現象も…

え、なにここそういう物件だった?

大島てるにはそんな情報なかったけど?←

どうも、トトです。



それでは、年またぎの昨年の新譜レビュー

今回はお久しぶりのガールズPOP PUNK

前ブログの時に前作もレビュー済みです。

今回はそんな2年ぶりにリリースしたEP



IMG_20211218_235926
Bronnie『Love Letters & Hate Mail』
1. Funeral Song
2. Scream
3. Love Letters & Hate Mail 
4. Rabbit Hole
5. Wake Me Up When I Am Dead 
6. Skeletons





UKのガールズPOP PUNKバンド

ボーカルの名前をそのまま使用したBronnie

NEW EPLove Letters & Hate Mail

昨年12/15にリリースされました。


前作リリース以後、

ちょこちょこシングル出したのも知ってたので

まとまった曲収録の新譜はよ(* ゚Д゚)

とは思っていました。笑

そうして念願叶ってリリースされた新たなEP

早速、聴いていこうと思います。




Funeral Song
イントロからエモメロ系POP PUNKの香り漂う1曲目。
どちらかというとエモーショナルな雰囲気に寄った
耳によく馴染むメロディのPOP PUNKトラック。
サビは縦ノリ感のあるキャッチーなメロに。
エモーショナル寄りではあるけど、
心地良いテンポ感でしっかりPOP PUNKを感じる
こういう曲は良いですね( ´∀`)


Scream
2曲目は冒頭からアップテンポに、
上がるPOP PUNKな様相を露わにしてスタート。
サビでは、タイトルをそのまま歌う
ヾ(*≧∀≦)ノ Scream!! Screeaam!!
ヾ(*≧∀≦)ノ Dream!! Dreeaam!!
と、シンガロングパートではないけど、
思わずシンガロングしたくなるとこは良いね(* ゚∀゚)
個人的には今作No.1のお気に入り。
僅かに鳴るシンセ要素も、陽性POP PUNKに合った
耳触りの良いポップなシンセで○です。

MVもタイトル通り、サムネ通り
スクリームが出てくるホラーMVとなっています。
女の子にあっさり負けるスクリームの弱さよw





Love Letters & Hate Mail
3曲目のタイトルトラックは、
イントロのギターから、すっげぇ日本のバンドっぽい。笑
イントロだけかと思いきや、なんか全体的に
日本のバンドっぽい雰囲気あるぞ…w
まさか今作イチの上げ曲POP PUNKトラックが
こんな日本のバンドっぽい展開になるとはw
裏を返せば日本のリスナーに馴染みやすい曲なのかも?


Rabbit Hole
エモーショナル寄りな曲かと思いきや、
サビでは上げ曲POP PUNKになる4曲目。
シンガロングパートもあって良いヾ(*≧∀≦)ノ
2サビ後はクラップ&フットスタンプしながらの
全員シンガロングする感じのがまた良い。
やっぱこういう声量多めで、みんなで盛り上がる感じ
聴いてて楽しくなる感じの曲は良いなぁ(*≧∀≦)

監獄ゆえのオレンジのつなぎをきたMVは
これにマスクつけたらSlipknotになるなぁ…
なんて思って見てましたw





Wake Me Up When I Am Dead
5曲目はギターと共にBronnieの歌い出しで始まる。
エモーショナルだけどバンド感はバッチリ。
タイトルを繰り返すサビはキャッチーで、
一緒にシンガロングしたくなる感ひとしおです。
そうしてPOP PUNK感を外さないところも○
彼女のSNSもフォローしてますが、
やっぱり彼女自身がPOP PUNK/ROCK好きなのわかるし
貴重なPOP PUNK女子なのかもしれません。


Skeletons
ラスト6曲目はアコギの弾き語り調でスタート。
そのまま弾き語りでいくのかと思いきや、
サビからはバンドサウンド全開でした。
しかし、エモーショナルな雰囲気は変わらず。
ラストはストリングスとピアノをバックに、
女性の語りのサンプリング音声が流れます。
声的にBronnieじゃないだろうし、もっと壮年っぽい。
そんな女性のスピーチで締め。

大きな三日月をバックに、スケルトンが墓地を歩いていく
このLyric Videoの雰囲気良いなぁ。







以上、

Bronnie『Love Letters & Hate Mail

でした。

前作EPと大きく変わらず、

BronnieならではのPOP PUNKを出していてとても好感。

レビューにも書きましたが、

やっぱ彼女自身がそういう音楽が好きなんだろうし

それをしっかり自分で表現してるのが良い。

そういうとこがまた

POP PUNK好きとしてBronnieを知った自分みたいのが

彼女の音楽を好きで聴くことに繋がるワケですしね。

明るく楽しいPOP PUNKはもちろん、

エモーショナルな方に振った方もね。


と、取り上げるのが年をまたいでしまいましたが

昨年のPOP PUNKのEP部門になら

上位入賞も可能だったと思います。

BronnieLove Letters & Hate Mail

貴重なUK POP PUNK女子

是非ぜひ、チェックしてみてください。





関連記事