ゲームだろうが映画だろうが

作品、作風に依るだろそんなもん。

同じバッドエンドでも

終わり方、終わらせ方で変わってくるしさ。

納得できればバッドだろうがハッピーだろうが

どっちでもええわい

どうも、トトです。



『ディナー・イン・アメリカ』を観た翌日、

2日連続で映画に行ってきました。

祝日からの客足を狙ったのか、

上映開始は通常の金曜日から1日早い23日(木)でした。

それが日本で功を奏するような作品じゃない気もするけど…

って割には、そこそこ入ってたし

当日はもっと入ったのかな?



20210925_142551
クーリエ:最高機密の運び屋
(原題:THE COURIER)

東西冷戦下、米ソ間の核武装競争が激化。世界中の人々は核戦争の脅威に怯えていた。そんな時、CIAとMI6のエージェントが一人の英国人に目を付けた。その男、グレヴィル・ウィンは東欧諸国に工業製品を卸すセールスマンだったが、彼が依頼された任務とは、販路拡大と称してモスクワに赴き、GRUのペンコフスキー大佐から受け取ったソ連の機密情報を西側に持ち帰ることだった。あまりに危険なミッションに恐れをなし、ウィンは協力を拒否するが、正解平和のために祖国を裏切ったペンコフスキーに説得され、やむなくモスクワ往復を引き受ける。だが、政治体制を超えた友情と信頼で結ばれた男たちは、非常な国家の論理に引き裂かれ、過酷な運命をたどることに―





KGB、GRU、CIA、キューバ危機…

なんてワードが出てくると

やっぱり思い出すのはMGS3だけど



やっぱりコジカン本人がコメントしてたw

作品自体にもコメント残してるみたいね。


そんな東西冷戦時代のことを描いた

クーリエ:最高機密の運び屋

を観てきました。




久しぶりの実話ベースの作品でしたが

こういうのが事実であるって思うと

やっぱ政府って裏で色々としてるのは当然だし

それが必ずしも褒められたことばかりじゃない

ってのが、汚ぇ連中だなって思うし

信用ならねーっすよね(。-ω-)-3

清廉潔白であれとは言わないし、

そんなの絶対に無理だってのもわかりきってるけど

バレなきゃいい

っていう犯罪者思考なのが権力者共の裏の顔

って思うと、今も昔も救えねぇっすよね。

国を守るためって言ったら聞こえはいいけど

その中に自分の保身も含まれてると思うとね。

そのために犠牲が出る、見捨てるってのも厭わないワケだし。

嫌な世界ですね(´・ω・`)-3

いちばんくだらねぇのは核なんかを持ち出して

イキり合ってる国同士と、戦争(冷戦)だけどな。


そんな今作、

THE COURIER_3

ただのセールスマンである"一般人"に

機密を秘密裏に運ばせるワケだから、

ストーリー的に大きな動きがなく

淡々と進むので、映画的な派手さはなかったですね。

これが事実を元に作られているってのもあり、

そのへんは尚更。

映画だからと、そこに派手さを取り入れたら

機密なんて運べないわ(。-∀-)笑




ただ、こちらも休日の午前中一発目の回で観たので

そうした内容的にも、睡魔との戦いを余儀なくされてましたがw

起き抜けで観るにはちとツラかった…zZ


っていう、スパイものであるのは間違いないけど

グレヴィルとペンコフスキーとの

友情物語でもあるように感じました。

20210925_152916


もうロシアには行かないと言いつつも、

ペンコフスキーの為に再び立ち上がるグレヴィル

獄中での2人の面会シーンは、

作中一!アツいシーンだったかもしれない。


序盤~中盤くらいだったか

我々みたいな人間から
世界は変わっていくのかもな


的なセリフだった気がするけど

これが本当になってるところが

事実を元にした映画で知る。

そうした事実があったからこそ、

映画用に脚色されたセリフかもしれないけどね。

THE COURIER_4



そんな本作主演を務めた

ベネディクト・カンバーバッチ

THE COURIER_2

サメ顔だよね。笑

サメでないにしても魚顔だと思う。

彼の主演作は、今回が初鑑賞だけども、

過去に何か出てたので観たのあったっけな…

とは思うけど、記憶に残る顔してるので

予告編とかに出てくるだけでも印象に残るんだよな。

最近だと、スパイダーマン最新作で

ドクター・ストレンジとして出てたしさ。

『ドクター・ストレンジ』自体は観てないけど。


収監後の激ヤセっぷりは、役作りの賜物かね?

THE COURIER_5

パッと見でわかるゲッソリ感。

役者さんってスゴいなぁ。





エンディングでは、実話系作品ではお馴染み

映画で描かれた、その後の半生と当時の映像。

帰国後?にマスコミに囲まれ、

インタビューを受けるグレヴィル本人の映像でした。

こんなことがあったあとでも、

セールスマンとしての仕事を続けたい

ってのもすげーな。笑

これも尋問されてた時に言ってた言葉

客の笑顔のためなら
どこにだってそれを運ぶ


っていうこと思って仕事してるからこそかな。




と、まぁ

ガッツリ好みな作風ではなかったけど

実話を元にした作品にハズレなし

ってのを改めて実感した

クーリエ:最高機密の運び屋

でした。



ただ、今回は作品よりも

隣にいたのが割とクソ客だったのがイラ立った…

退屈なのか、それ故に眠いのか何なのか知らんけど

ため息混じりの吐息を何度も吐く

視界の端でもわかるくらい何度も体勢を変える

ひと席空けてるのに、衣服に触れるレベルで腕伸ばす

ウッゼぇ…( ゚皿゚)イライラ

黙って観てたのはまだいいが、ウザすぎだ。

横にいたオレでもこんなウザかったのに

前の席に座ってた人はお気の毒でした…

案の定、エンドロール始まった瞬間に出てったけど

つまんねぇならとっとと出てきゃ良かったのに。

邪魔臭ぇ

●ねばいいのにレベルのハズレ客が隣にいたのが

今回の最大の汚点であり、失敗でした。