新曲どうこう、新ボーカルどうこうより何より

Slam Dank Fesの様子がめちゃくちゃ良い。

というか、羨ましい…(´・ω・`)

ラインナップが羨ましいのは毎年なんだけど、

それより本来あるべきフロアの姿がね…

今はとても羨ましいです。

どうも、トトです。



それでは今年65枚目の新譜レビューといきましょう。

以前、冒頭で挙げたことあるバンドであり、

先月末に行われた、今年のReading/Leeds Fesにて

Biffy Cryroをヘッドに

MGK、YUNGBLUDNeck Deepらが名を連ねる

2ndステージに大抜擢されています。

世界的にも大きな方に分類されるフェスに

出演するだけならまだしも、2ndステージは

注目度や期待値の高さもある気がします。

そんなUKの新星の新譜がこちら!




20210914_221748
Hot Milk『I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD - EP』
1. I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD
2. Woozy
3. Good Life
4. I Think I Hate Myself
5. Split Personality





vo/Hangt.vo/JimによるUKのロックバンド

Hot MilkのデビューEP

I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD - EP

9/10にリリースされました。


20210813_234046


Readingでは位置的にトップバッターかな?

公式インスタには、そんなReadingの様子も。



Slam Dunkにしろ、Readingにしろ、

羨ましさしかない…(  ;∀;)


いつぞやに冒頭に挙げたときは



男女ツインボーカルのPOP PUNK感が素敵でした。

バンド最多な曲では、既に80万回も再生されていて驚きΣ(・ω・ノ)ノ



やはり注目度の高さが伺えるHot Milk

期待に満ちたデビューEP、聴いていこうと思います。




I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD
オープニングは今作のクソ長タイトルトラック。
低く響くベースのイントロのあと、
Hanのシャウトから勢い良くスタートします。
冒頭はややダークな感じで始まったと思いきや、
タイトルを歌うところから入るサビでは、
どこかPOP PUNK的なものを感じる
エモーショナルさとHanJimのボーカル。
裏ではストリングスも鳴る雰囲気も良いですね。
全体的に"ツインボーカル"っと言えるくらい、
交互に歌うくらい、お互いのパートが多いのも良い。
これがコア系だとスクリームとクリーンで、
明確に分けられてたりするからね。

土から蘇ったゾンビもどきが、人を洗脳、
めちゃくちゃやりつつ、最後は土に戻るんかい!w
ちゃんと帰れるゾンビも珍しいなw
と、最後にツッコまざるを得ないMVでしたw





Woozy
2曲目はイントロのギターからPOP PUNK的。
Jimから入るボーカルはMGKのようでもある。
この曲でもJimHanは交互にチェンジしながら歌い
サビは完全にPOP PUNKサウンドなのが上がる!ヾ(* ゚∀゚)ノ
2分弱という短さはあっても
こーゆーのでいいんだよサウンドが聴けて満足(* ゚∀゚)b





The Good Life
3曲目では低めなベースとドラムのリズム隊から幕を開け
ギターを入れて疾走感のあるバンドサウンドでスタート。
ここでのボーカル的なスタートはHanから。
主にギターかな?サビに入ると
初期Deaf Havanaっぽさのある、エモ/オルタナロックを感じますね。
全体的にテンポ感も適度で耳馴染みも良いです。
2コーラス目のサビ前にはブレイクダウン的な
フレーズもあり、そこもおっ(* ゚∀゚)と思えるポイントです。


I Think I Hate Myself
モノラル感のあるJimのボーカルから始まる4曲目。
全体的にはミドルテンポなロックサウンドだけど
冒頭1コーラス目はHan、2コーラス目はJim
それぞれ歌うところはオルタナポップ感があり
サビではJim/Han2人で歌っていて、
男女で重なる歌声が良いですね( ´∀`)b
おかげで声量が増し、シンガロング感を煽られる。
鐘の音と共に展開するギターソロが
そこはかとない大物感が漂うのがギャップで面白い。笑
最後の最後にテンポアップするところは
一瞬のPOP PUNKを感じられて、そこがまた良しです。





Split Personality
最初にHot Milkを知った曲が冒頭で挙げたものなので
これのMVを見、聴いた時には正直驚いた5曲目。
イントロのシンセ部分が影響してる部分もあるか?
ちょっとBMTHっぽさを感じる展開に。
2コーラス目はじめのJimの方なんかは
YUNGBLUDっぽさもあるし、
というか、この曲ではちょいちょい叫んでるし
そのシャウトさえも、もはやYUNGBLUD感。笑
さながらHot Milk"Obay"かな?的なw
しかし、これも他の4曲とはガラッと変わって
これはこれでとてもカッコイイ感じに仕上がってます。
個人的には今作は"Woozy"とこの曲の2強です。







以上、

Hot Milk『I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD - EP

でした。

最初に聴いた曲からイメージを抱いた

We Are The In Crowdのような

男女ツインボーカルのPOP PUNK…

…だけではないことを大いに示した今作。

いいぞコレ(* ゚∀゚)

正式メンバーは現在、JimHanだけなんだろうけど

サウンド面はしっかりバンドしてるし、

全5曲それぞれが違う色を持っていて、とても良い。

Jimのボーカル面ではYUNGBLUDっぽさもあったし

Hanの外見的にも何となく感じるところはある。

そんな2人にとって、今年のReading

YUNGBLUDと同じステージに立てたのは嬉しかったのでは?

なんてのも思ってしまいますね。

ジャンルに囚われない音楽性もYUNGBLUDっぽい。


ブログ的な裏話…ってほどでもないんですが、

昨年、YUNGBLUDがアルバムをリリースし、

その際に日本での【インタビュー記事】も読んだんだけど、

3月にDeluxe Editionを出すつもり

と言っていたのに、もう9月なのに出てないんスよ(。-∀-)

アルバム聴いたの今年だったし、Deluxe版出るなら

その時レビューしようと思ってたのにこの仕打ち…

出てたら今回、関連記事にも出せたのに!(。>д<)


まぁ、それはそれとして。

まだまだキャリアは浅いながら、

Readingの2ndステージに抜擢される注目度と期待

これから大きくなっていく予感を感じさせる

Hot Milk『I JUST WANNA KNOW WHAT HAPPENS WHEN I'M DEAD - EP

是非ぜひ、チェックしてみてください。





関連記事